Sponsored Contents

発掘スマホゲームの最新記事

Image credit:
Save

記録更新がヤミツキになるっ!橋作りアクション「プランク!」:発掘!スマホゲーム

ちょうどいい感じの長さに

19シェア
5
14,"likes":2
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
【連載:発掘!スマホゲーム】
星の数ほどあるスマホゲームの中から、話題になっているもの、気になったもの、何か面白そう、そんなタイトルをひたすらご紹介していきます! 今回ご紹介するのは「プランク!」です。

発掘!スマホゲーム連載一覧


「プランク!」は、架け橋を作って次の足場にキャラクターを送り届けるアクションゲーム。画面タップのみでプレイするシンプルな内容ゆえに、ちょっとしたスキマ時間を利用してカジュアルに楽しめます。

plank

本作の遊び方は、まず画面をタップしてキャラクター(プレイヤー)の目の前に架け橋を作成。そのまま画面から指を離し、離れた足場まで架け橋を倒します。

後はキャラクターが橋を渡って足場までたどり着くのを眺めるだけでOK。画面をタップする長さに応じて橋の長さが変わるのので、足場までの距離に合わせて丁度良い橋を作るようにしましょう。

plank

「プランク!」アプリダウンロードはこちらから
 


plank

あまりにも橋が長すぎると、キャラクターが足場を通り越して画面外に落下してしまいます。かといって逆に橋が短すぎると、そもそもキャラクターが足場までたどり着きません。

よって橋の長さは、足場に丁度届くぐらいに留めるのが攻略のポイント。足場の真ん中あたりに橋を倒すことができれば、通常スコアと合わせてボーナススコアが加算されます。

plank

ちなみに動画広告を視聴すると、橋の長さを測るのに便利な補助線が手に入ります。この補助線は1回の動画広告につき3回まで使えるので、足場までの距離が極端に遠い(もしくは近い)時に頼ってみると良いかもしれません。もちろん、補助線に頼らず、己のカンだけで橋作りに励むのもアリです。

plank

「プランク!」はサッと遊べるシンプルなシステムに加え、ハイスコア更新を目指して何回もプレイしたくなる中毒性を秘めた作品です。豊富なキャラクタースキン収集要素のほか、机の上やテーブルなど、現実世界を舞台にゲームが楽しめるARモードも搭載されているので、気になる方はぜひ触ってみてはいかがでしょうか。

plank plank

「プランク!」アプリダウンロードはこちらから
 




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

19シェア
5
14,"likes":2
0

Sponsored Contents