Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:
Save

Bluetooth対応の携帯カセットプレーヤーがKickstarter開始。捨てられないテープを無線で楽しめる

意味もわからずハイポジ・ドルビーB

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年7月5日, 午後05:30 in AV
53シェア
0
53
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

クラウドファンディングのKickstarterで、ポータブルカセットプレーヤーのキャンペーンが始まりました。この商品の特徴は、Bluetoothヘッドホンに対応するカセットプレーヤーであるところ。カセットテープにこだわりのある音楽好きなら屋外でも自宅でも、愛着あるテープサウンドをワイヤレスで楽しめるようになります。

いまおもえば、音楽ストリーミングサービスにおけるプレイリストの役割を、かつてはカセットテープが担っていました。子どもの頃に昭和終盤を過ごした世代なら、レコード、CDやFMラジオ番組をエアチェックしたテープなどから一部の楽曲を新品のカセットテープにダビングして、"マイベストセレクション"を作り、誕生日などに買ってもらったポータブルカセットプレーヤーで毎日聴いていたという人は多いと思います。

いまもポータブルカセットプレーヤーは販売されています。メジャーな家電メーカーの製品はほとんどないものの、音源をPCやスマートフォンへ取り込めるようにするためMP3変換機能を搭載しているものも珍しくなく、学習机の引き出しや押し入れから出てきた懐かしのテープをデジタル化することに関しては便利な世の中になっています。

ただ、テープそのものを昔のようにどこでも聴こうと思えば有線のイヤホンを組み合わせて聴くしか選択肢はほぼなく、手持ちの、たとえばノイズキャンセル機能付きのBluetoothヘッドホンを直接使うことができません。香港NINM Labsがクラウドファンディングを開始した「IT'S OK」プレーヤーは、やや大柄なポータブルカセットプレーヤーですが、Bluetooth 5.0を組み合わせ、Bluetoothイヤホン/ヘッドホンやBluetoothスピーカーで音楽を楽しめるようにしています。
NINM Lab
せっかく懐かしの音楽とともにノスタルジーを味わおうというのであれば、ここは有線イヤホンだろうと思えなくもないものの、ワイヤレスイヤホンの利便性は譲れないというのであれば、IT'S OKプレーヤーは再生デバイスとして有力な候補となります。IT'S OKプレーヤーはでは有線イヤホンももちろん使えます。

NINM Lab

プレーヤーの本体カラーは白、サクラ(ピンク)、イブニングブルーの3色がありますが、透明カバーのおかげで、カセットテープの回転が外からでもわかるようになっているのは、テープで聴いている実感を得るためにも、また友人に見せて物珍しがられるためにも重要なポイントでしょう。Kickstarterでの売り文句には「ロマンあふれる80年代ポータブルカセットプレーヤーにさらなる完全性を」とBluetooth対応をアピールしています。

もしこのプレーヤーが欲しいと思うカセットマニアなら、プロジェクトに出資すれば見返りとして商品を手に入れることができます。出資枠は早期割引つきの数量限定枠が約6900円。こちらは記事執筆時点ですでにサクラ(ピンク)色しか残っていません。また通常の出資枠は日本円で約8200円です。なお、IT'S OKプレーヤーには新品の録音用60分テープが付属します。本体にはマイクも内蔵しており、ボイスメッセージを録音したテープを他の人に渡すこともできます。もちろん相手にもカセットプレーヤーが必要ではありますが。

クラウドファンディングは必ずしも商品が完成、発送される保証がないということを理解のうえ、それでもこのプレーヤーに惚れ込んだのであれば、出資してみても良いかもしれません。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

53シェア
0
53
0
0

Sponsored Contents