Sponsored Contents

Galaxy Note 10の最新記事

Image credit:
Save

Galaxy Note10(仮称)にはToF方式3Dカメラ搭載?ベトナムでレンズ量産のうわさ

前後に2つ搭載の可能性も

Kiyoshi Tane
2019年7月6日, 午後04:30 in Galaxy Note 10
55シェア
19
36,"likes":26
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

韓国サムスンが8月7日(米現地時間)に「Galaxy Unpacked」イベントでの発表を予告している、次期スマートフォンGalaxy Note10(仮称)。本デバイスにToF(Time of Flight)方式の3Dカメラが採用されるとの噂が報じられています。

ToFとは被写体に投射した赤外線が反射して戻ってくるまでの時間から、対象との距離を計測する技術。3次元で被写体認識ができ、高精度な顔認証が行えるほか、ARやVRにも力を発揮するとされています。

韓国の業界メディアETNewsによれば、スマートフォンカメラ用レンズを生産する韓国企業コレン(KOLEN)は、レンズの需要拡大に対応するためにベトナムに新工場を建設中とのこと。そして同社がベトナムを建設地に選んだ理由は、提携しているサムスンが現地で半分以上のスマートフォンを生産しているためで、両社の相乗効果を促進することが目的と伝えられています。

コレンは新工場で最初に製造する部品として、ToFモジュール用のレンズを予定。ToFはサムスンが今年上半期に発売したGalaxy S10 5Gモデルにも採用されていましたが、ETNewsは同社が「Note10(仮称)」などのスマートフォン向けにもToFの用途を拡大しようと計画していると報じています。

ToFはすでにLG G8 ThinQのフロントカメラにも採用されたほか、P30 Proには4つのリアカメラの1つとして搭載。つまりフロントカメラおよびリアカメラともに活用されていますが、携帯情報サイトPhoneArenaはGalaxy Note10には2台、すなわち背面と前面に1台ずつ載るとの噂を伝えています。

アップルのインサイダー情報で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏は、ToF方式の3Dカメラが2019年後半または2020年の初頭にiPadに導入され、2020年後半にはiPhoneにも採用されると予測していました。その一方でソニーも需要の高まりを見越して今夏の終わりにはToFセンサーの量産に入ると述べていましたが、今年後半から来年に掛けてはスマートフォンに3Dカメラのブームが到来するのかもしれません。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: ETNews
55シェア
19
36,"likes":26
0

Sponsored Contents