Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

ジョニー・アイヴ不在のアップル、ウィリアムズCOOがヒット製品を実現?(WSJ報道)

クックCEO後継者選びのテストでしょうか

Kiyoshi Tane
2019年7月8日, 午後03:00 in apple
39シェア
14
25
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

YouTube

アップルの最高デザイン責任者ジョニー・アイヴ氏が年内の退社を発表し、同社の製品開発の今後に注目が集まっているなか、ジェフ・ウィリアムズCOO(最高執行責任者)がヒット商品の創造において重要な役割を担うとの観測が報じられています。

ウィリアムズ氏は1998年にアップルに入社し、調達部門のトップを経てから2015年にCOOに就任。企画・調達・ロジスティックスといった分野を歩んできた一方で、公式プロフィールではApple Watchの開発を主導してきたことに言及されています。



そしてアイヴ氏の退社を告げるプレスリリースでは、今後の製品開発については「インダストリアル・デザイン担当副社長のエバンス・ハンキー氏とヒューマン・インターフェース・デザイン担当副社長のアラン・ダイ氏がウィリアムズ氏に報告する」とのこと。すなわちウィリアムズ氏が、ソフトウェアとハードウェアのデザイン責任者となると発表されました。

なぜウィリアムズ氏がそうしたポジションに就いたのか。Wall Street Journalは、彼が製品開発プロセスにおいてティム・クックCEOよりも目立つ存在になっていたと説明しています。

WSJ報道によると、ウィリアムズ氏は製品の見た目と手触りに興味を示し、Apple Watchをファッション性とフィットネスを重視した製品から、iPhoneとワイヤレス接続してヘルス機能を優先した方向に導いたとされています。

ウィリアムズ氏と開発現場の関わりは、この10年余りに徐々に築き上げられてきたもの。先代のCEOスティーブ・ジョブズ氏はiPhone 4の開発をリードしていたチームにアイブ氏とともにウィリアムズ氏を起用したとのことです。

iPhone 4はそれまでプラスチック製だったiPhoneの背面を、初めてガラス製に変更。その熱工学関連の会議にて、ウィリアムズ氏は新素材がデバイスの性能にどのように影響するかエンジニアに事細かに質問しつつ、自ら試作品を手に取って感触を確かめたそうです。その談話を語る関係者は「交渉担当者、そして(事務関連の)スプレッドシートの人としては印象的でした。彼はとても自然に行っていたんです」と述べています。

その一方で、ウィリアムズ氏は根っからのオペレーション(企業経営をスムーズにするため組織や業務を連携させること)幹部であり、ロジスティックや計画立案の手腕もあって発明者というよりは実行者に近いとのこと。WSJは、元同僚の「彼は何年か先にどうあるべきかよりも、いま自分たちがどこに位置しているか分かっている」との言葉を伝えています。

世界最高のデザイナーの1人といえるアイヴ氏の代役を、多彩な能力や博識を持つとはいえ事務畑を歩んできたウィリアムズ氏が務めるのは無理なはず。技術アナリストいわく「アップルは考え方を変えて、若手が自由に力を発揮できるように誰かを上に立たせてみようとしている。新鮮な血が必要なんです。最近のiPhoneはほとんど代わり映えしなかった」とのことです。

ウィリアムズ氏はティム・クックCEOがCOOだった当時は直属の部下であり、右腕として重用されていました。さらに「アイヴ氏が退社する背景には、アップルの経営陣の製品開発に対する無関心があった」との記事への反論メールにも「(デザインチームは)ジェフ、エバンス、アランのリーダーシップの元で成功すると信じている」とあり、クック氏のウィリアムズ氏に対する深い信頼が窺えます。

ウィリアムズ氏のデザイン責任者への抜てきは、クック氏が自らの後継者を見きわめるための最終試験を兼ねているのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: WSJ
39シェア
14
25
0

Sponsored Contents