Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:
Save

ビル・ゲイツ、ジョブズが「呪文を唱えているようだった」と称賛。ただし自分に呪文は効かなかったと語る

愛憎の入り混じる味わい深さ

Kiyoshi Tane
2019年7月8日, 午後03:50 in microsoft
477シェア
0
477
0
0

連載

注目記事


マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、30年以上もの間ライバルであり戦友でもあったアップル共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏の「呪文」を語ったことが報じられています。

ジョブズ氏は、かつて衰退の一途を辿っていたアップルを、復帰後に(一時的に)時価総額世界一の企業に転じさせたことで知られています。

米CNNのテレビ番組「Fareed Zakaria GPS」に出演したゲイツ氏は、こうしたジョブズ氏の偉業の一部について「魔法の呪文を唱えているようだった」と表現しています。

ただ、その褒め方がゲイツ氏ならではの独特さ。「ジョブズが呪文を唱えているのを見て、自分が劣った魔法使いみたいな気分だったよ。ただ、みんなが呪文に魅了されていたけど、私だって魔法使いの端くれなので、呪文は効かなかったのさ」と羨望とプライドが入り混じった物言いとなっています。

さらに「ジョブズは失敗したときも成功していた」として、ジョブズ氏が設立したNeXTが1988年に発売した最初の製品NexTcubeにも言及。「完全に失敗作だったし、ナンセンスだった。それでも彼はみんなを魅了したんだ」と皮肉たっぷりに述べています。

それでも、ゲイツ氏はジョブズ氏のデザイン感覚や、部下をやる気にさせる能力を高く評価。「才能ある人を抜てきし、過剰にやる気を出させ、"これはいい、これは良くない"というデザインセンスを持った彼ほどの人物に、私は会ったことがない」と語りつつ、彼が時として協力者であり競争相手でもあったと振り返っています。

そして「スティーブの悪いところを真似るのはリーダーにとっては簡単なこと」と述べ、ときおりジョブズ氏のことをクソッタレ(asshole)と罵るゲイツ氏。そういいつつも、「ジョブズは持ち前のタフさで、信じられないほど前向きなことをもたらした」と戦友でもあり商売敵でもあった相手を語っていたと伝えられています。

マイクロソフトを世界有数のハイテク企業に育て上げた後、現在は慈善活動家として貧困や病気の撲滅に貢献しているゲイツ氏。すでに偉人の域に達しつつある人物も、対等の立場でやり合った相手のことを語るときは、心が青年時代の昔に帰るのかもしれません。




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Bloomberg
関連キーワード: apple, BillGates, microsoft, SteveJobs
477シェア
0
477
0
0

Sponsored Contents