Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

17型画面とHDMI入力でワイドに楽しめる、新機軸ホームノートLIFEBOOK NHシリーズをFCCLが発表

上位モデルは6コアCPUも搭載します

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2019年7月10日, 午後01:31 in personal computing
58シェア
0
58
0
0



特設サイト
bunner

   

 

連載

注目記事


7月10日に発表された、富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の2019年夏新PCより。同社がいわゆる家庭向けノートPCの新機軸として提案するのが、17.3型の大画面ノートPC『FMV LIFEBOOK NH』。今回新しく登場するシリーズです。

発売は7月18日予定。店頭想定価格は、上位モデルNH90/D2が約23万円強、廉価モデルNH56/D2が約18万円弱。両モデルともOffice Hone&Business 2019搭載です。

FMV NH90
▲写真右がLIFEBOOK NH。2012年発売の15インチノートPC(左)、そして現行の15インチノートPC(中央)との大きさ比較。2012年モデルとはほぼ同じサイズ感です

特徴は、日本で販売されているノートPCでは珍しい17型という大画面。液晶パネルのナローベゼル化などにより、従来の15インチノートPCとほぼ同じ底面積で「17インチに画面を広げた」という位置づけのモデルとなります。

この大画面を活かすべく、ノートPCとしては珍しいHDMI「入力」端子や、同社製(というより、ライバルを見てもノートPCでは久々の)テレビチューナー搭載モデルを用意します。

FMV NH90

さらにHDMI入力はキーボード奥(上)側に備えられたワンタッチボタンにより、手間なく切り替えが可能。家庭用ゲーム機や各種ビデオ機器などを接続して、ディスプレイとしても利用できる設計です。

FMV NH90

また上位モデルNH90/D2は、CPUに6コア/12スレッド処理に対応するインテル Core i7-9750Hを搭載。高級機に位置する価格ということもありますが、家庭向けノートPCとしては強力な処理速度を発揮します。

合わせて放熱設計も、直径8mm×長さ265mmと大口径のヒートパイプや大型ファンの採用などで、CPUの高負荷時でも静かに、かつユーザーが触れる箇所の温度が上がらない設計とFCCLはアピールします。

FMV NH90

デザイン面では、パームレスト面の素材としてアルミニウム合金を採用。手触りで重要な表面仕上げは、場所によってサンドブラスト加工とヘアライン加工、そしてエッジはダイヤモンドカット加工など、さまざまな技術とテクスチャーを組み合わせた、凝ったものとなっています(ただしこれらはNH90/D2のみ)。

FMV NH90

さらに画面は、ヒンジが本体下側に潜る「落とし込みヒンジ」を採用。モバイルノートPCなどではリフトアップヒンジと呼ばれるこのヒンジにより、使用時に画面底部の幅を狭く見せています。

FMV NH90

上位モデルNH90/D2の基本的な仕様は以下の通り。

  • 本体サイズ......約398.8×265×26.9mm(幅×奥行き×厚さ)
  • 本体重量......約2.9kg
  • ディスプレイ......17インチ・フルHD液晶
  • CPU......インテル製 Core i7-9750H
  • RAM(メモリ)......8GB(SO-DIMM×2で空きスロットなし:最大32GB)
  • ストレージ......SSD 256GB(PCI Express接続)+1TB HDD
  • バッテリー駆動時間......最大約4.5時間
  • 光学ドライブ......Blu-ray Discドライブ(BDXL対応)

廉価モデルNH56/D2の仕様は以下の通り(NH90/D2と異なる主な箇所を抜き出しています)。本体の仕上げの違いに伴い、本体重量が若干軽いのが興味深いところ。
  • 本体重量......約2.7kg
  • CPU......インテル製 Core i3-8145U
  • RAM(メモリ)......4GB(SO-DIMM×1で空きスロット1:最大32GB)
  • ストレージ......SSD 512GB(PCI Express接続)
  • バッテリー駆動時間......最大約5.5時間
  • 光学ドライブ......DVDスーパーマルチドライブ

FMV NH90

このようにFMV LIFEBOOK NHシリーズは、「家庭用ノートPCの画面はもっと大きくても良い」という主張を込めた、新機軸となるシリーズ。実際の本体の仕上げなども、新規シリーズならではの気合いの入ったものとなっています。とくに切り替えが手軽なHDMI入力などは、ともすれば今後のスタンダードともなりそうなアイデアでしょう。






夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

58シェア
0
58
0
0

Sponsored Contents