Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

ペン内蔵のLIFEBOOK「UH95」登場、2in1世界最軽量の868g

注目のペンはワコム製AESタイプ

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2019年7月10日, 午後01:30 in personal computing
43シェア
11
32
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
7月10日、富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、2019年夏の新PCを発表しました。多くのEngadget読者にとって最大の注目となるのが、360度ヒンジを搭載した13.3インチのタブレット兼用モバイルノートPC『FMV LIFEBOOK UH95/D2』です。発売日は7月18日、店頭想定価格は23万円弱の予定(Microsoft Office Hone&Business 2019を搭載)。

特徴は、本体重量が868gとタブレット兼用モデル(2-in-1)としては軽い点。これは兄弟的モデルとなるクラムシェルノートPC「FMV LIFEBOOK UH-X」(約698g)の設計を引き継いだことなどによるもの。FCCL側は「世界最軽量ペン内蔵2-in-1ノート」とアピールします。


FCCL UH95/D2

本体サイズは約309×214.8×16.9mm(幅×奥行き×厚さ)。UH-Xと比較した場合、幅と奥行きはまったく同じで、厚さのみが違う(UH-Xでは15.5mm)設計となります。現行モデルのUH-Xも13.3インチモデルとしてはコンパクトな本体でしたが、本機はタブレット兼用モデルながらそのコンパクトさを引き継いでいるというわけです。

FCCL UH95/D2

なお、13.3型液晶の2-in-1としては、ライバルのNECパーソナルコンピュータ製「LAVIE Hybrid ZERO」が769gですが、こちらはペンを内蔵しないタイプ。実は2-in-1でペンに対応させる場合、インセル型(液晶パネル一体型)タッチパネルが使えないことから、重量面では大きく不利になります。

FCCL UH95/D2

注目のペン入力は、ワコムのアクティブES(AES)ベース。筆圧感知レベルは4096段階など、AESタイプとしては最新仕様を網羅します。本体にバッテリーを内蔵する充電式タイプですが、充電は本体収納時に自動で行ってくれる仕様。公称では15秒充電で90分使用可能と謳われます。

UH-Xでは軽さとともに耐久性も売りでしたが、本機も堅牢さを継承、合わせて評価試験に関してはヒンジの360度開閉試験や捻り試験、ペンの挿抜耐久試験など、2-in-1で重要となるテストも実施されています。

FCCL UH95/D2

FCCL UH95/D2

FCCL UH95/D2
▲上2枚の写真はUH-Xとの比較。上側が本機、下がUH-X。奥行きなどがほぼ変わらない点も見て取れます

また、UHシリーズ共通となる、拡張端子の豊富さは本機でも継承。有線LAN(イーサネット)端子やフルサイズSDカードスロットなど、本体大きさの面では不利ながら、使い勝手の点では便利な拡張スロット/端子もしっかりと搭載します。

FCCL UH95/D2

ワンポイントでユニークなのが、本体キーボード面の奥(上)側に、2個目のカメラを搭載する点。これはタブレット時に背面カメラとして動作。ホワイトボードや資料の撮影を手軽に行えるようにする工夫です。

基本的な仕様は以下の通り。

  • 本体サイズ......約309×214.8×16.9mm(幅×奥行き×厚さ)
  • 本体重量......約868g
  • ディスプレイ......IGZO採用・フルHD液晶・タッチ対応
  • CPU......インテル製 Core i7-8565U
  • RAM(メモリ)......8GB(増設不可)
  • ストレージ......512GB SSD(PCI Express接続)
  • バッテリー駆動時間......最大約10時間
  • 拡張端子......USB Type-C×2(10Gbps×1+5Gbps×1)、USBタイプA(5Gbps)×2、フルHDMI、有線LAN(RJ-45)、3.5mmヘッドセットジャック、フルサイズSDカードスロット

また、Web直販モデル「FMV LIFEBOOK UH95」も同時発売。こちらはRAM 16GBや1TB SSD構成、CPUにはCore i5-8265Uなどが選択可能です。

FCCL UH95/D2
▲360度ヒンジの動きにもこだわりが。クラムシェルとして使う場合には、昨今流行のいわゆるリフトアップヒンジ的に動作します

このようにUH95は、UHシリーズの軽量かつ使い勝手に優れる美点を引き継ぎつつ、ペン+タッチ入力、そしてタブレット兼用という多機能性を盛り込んだ2-in-1ノートPCとなっています。

発表に先立って行なわれた事前説明会ではUH-Xとの比較もできましたが、360度の2軸回転ヒンジやペン関連の部品を搭載しつつも本体面積が同じという点は、筆者にとってかなりの驚きでした。「タブレット状態でも使える軽さの2-in-1」の新顔として大注目のモデルです。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

43シェア
11
32
0

Sponsored Contents