Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:
Save

マッチングアプリと恋愛相談所のいいとこ取り「Pairsエンゲージ」事前登録開始

事前登録期間は入会費が無料に

田沢梓門, @samebbq
2019年7月11日, 午後04:30 in internet
50シェア
10
40
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

マッチングアプリ「Pairs」を運営するエウレカが7月11日、婚活サービス「Pairsエンゲージ」の事前登録受付を開始しました。ローンチは7月31日予定。入会費は税込み9800円で、月額費は9800円。料金は男女共に同じで、ウェブサイト上にてクレジットカードでの支払い。なお事前登録期間中は入会費が無料となります。

Engadget
▲20万人以上の恋人関係や結婚を成立させたというPairs。アンケートによると、未婚者一般と比べてPairsユーザーは結婚への意識が高いとのこと


Pairsエンゲージは、エウレカが婚活市場を分析した上で、今すぐにでも結婚を望んでいる方々が「相応しい相手と出会えていない」といった課題を解決すべく開発されたサービス。手堅いサポート体制と結婚に対して意志の強い会員が多い「結婚相談所」と、手軽に沢山の人と出会える「マッチングアプリ」の両方の特性を備えています。

Engadget

まず、登録から成婚退会への大まかな流れを紹介します。会員登録時には「本人確書類」以外に「独身証明書」の提出が必要です。ほか、ステータスの確認の為に「年収証明書」「学歴証明書」「国家試験証明書」も提出できます。これにより登録ユーザーの信頼性が担保されます。

登録後はPairsのマッチングアルゴリズムを使用して毎月最大30名の相手が紹介され、両方の方から「いいね」をもらうことでマッチングされます。続いて実際に対面してコミュニケーションを取る「ファーストコンタクト」。この印象をもとに双方がもう一度会うことを希望するとカップリング成立となり、直接メッセージのやり取りが可能となります。

カップリングには複数人ともなれますが、最終的には1人を選択し、成婚へと向けてアプローチ。無事成功すれば退会――といった流れです。

Engadget

このサービスで特筆すべき点は「コンシェルジュ」と「プロコーチ」によるサポート体制。まず、ユーザーには専任のコンシェルジュが配属され、いつでもチャットでメッセージのやり取りが可能です。コンシェルジュはユーザーの紹介から、ファーストコンタクトの場所や時間帯の設定、恋愛に関する相談などをサポートします。

簡単な受け答えはBOTでの返信ですが、込み入った恋愛事情の話題などは有人のスタッフが対応する予定です。24時間365日体制でサポートするとしています。

もうひとつのプロコーチとは、ファッションや恋愛コミュニケーションについての専門家による、ユーザー限定のコンテンツ。元百貨店のメンズコーナーの販売員や恋愛戦略の専門家が、デートに着ていく衣装やメッセージでのコミュニケーションの取り方、プロフィール写真の選び方をアドバイスしてくれるというものです。

マッチングアプリの手軽さと恋愛相談所の真剣さのいいとこ取りとも呼べる「Pairsエンゲージ」。これまでの婚活サービスに対して不安を抱えている人には注目できるサービスでしょう。

■関連サイト
Pairsエンゲージ





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, app, internet, ios, services, smartphone
50シェア
10
40
0

Sponsored Contents