Sponsored Contents

Camerasの最新記事

Image credit:
Save

シグマ「世界最小最軽量フルサイズミラーレス一眼」SIGMA fp 発表。L マウント採用の「ポケッタブル機」

手のひらサイズのフルサイズ

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年7月12日, 午後04:30 in Cameras
139シェア
34
105
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
互換レンズメーカーとして知られるシグマが、世界最小、最軽量を謳う35mm判フルサイズミラーレス一眼カメラ「SIGMA fp」を発表しました。高耐久なLマウントを採用し、センサーには有効画素数2460万画素のフルサイズベイヤーセンサーを搭載しているとのこと。

ベイヤーとはセンサー上のカラーフィルターの配列の方式のことで、これまでのシグマ製カメラは米カメラベンチャーのFoveon社が開発した垂直分離方式の「Foveonセンサー」を採用し、センサー特有の高画質さをアピールしていました。一方のベイヤー式センサーはポピュラーな方式ですが、高感度耐性が高く暗い場面、たとえば夜間や屋内での撮影でノイズが出にくい特性があります。

センサーの話はともかく、SIGMA fpの大きな特徴はその小ささ。112.6 x 69.9 x 45.3 mmのボディはサクマ式ドロップスの缶をやや細長くしたぐらいの大きさで、バッテリーとメモリーカードを省けば重量はわずか370gです。

フルサイズのミラーレス機で比較すれば、パナソニックのLumix S1が148.9 x 110 x 96.7mm、約899g、キヤノンのEOS RPは132.5 x 850 x 70.0mm、約440gなので、SIGMA fpはそれらよりもひとまわりほど小さく、むしろマイクロフォーサーズのミラーレス機に近いサイズと言えるでしょう。SIGMAはfpのことを「ポケッタブルフルフレーム」カメラと称して、そのサイズ感を表現しています。



スマートフォンの普及によって、われわれ消費者の写真の撮り方は大きく変わりました。内蔵カメラの小さなレンズであっても撮影後にAIを使った加工がその場ででき、すぐにSNSでシェアできる時代においては、高性能カメラユーザーでも機動性を重視してスマートフォンで撮影するといった柔軟なスタイルを生み出しています。

SIGMAはそのなかで「より柔軟でリアルなカメラのありかたを反映した、使うひと本位のデジタルカメラ」を目指したと説明しています。ベイヤーセンサーの採用もこのあたりを重視した結果と言えそうです。

たしかにポケッタブルであることで(レンズを考慮しなければ)非常に持ち運びがしやすくなる利点があります。そしてそこにSIGMAレンズをはじめ多様なアタッチメントを組み合わせられる「オープンでリベラルなシステム」で、SIGMAいわく「変幻自在な拡張性」を実装したとのこと。

また機能的にも、豊富なカラーモードに加えハリウッド映画などで人気のカラーグレーディング手法に着想を得た「ティールアンドオレンジ」モードが新たに採用されました。さらにSIGMA Photo Pro独自の調整機能「Fill Light」とトーンカーブの調整機能などをカメラ内に搭載しています。

動画撮影機能に目を移すと、RAWデータでは12bit CinemaDNGでの外部収録に対応。4K UHD/24fpsで映画製作にも耐える映像データの取得が可能です。またH.264での編集向けにデコード時間が少なく全フレームをキーフレームとするALL-I記録にも対応し、4Kの巨大なデータをストレスなく転送できるUSB3.1(GEN1)端子を搭載しました。

発売時期や価格についてはまだ明らかではありませんが、SIGMA fpはフルサイズミラーレスの新たな選択肢として、スチール撮影、映像製作のどちらにも使ってみたくなる製品と言えそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

139シェア
34
105
0

Sponsored Contents