Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

MacBook Air(2019)のSSD、前年モデルより低速?ベンチマーク結果が公開

大容量モデルのほうが速いようです

Kiyoshi Tane
2019年7月16日, 午後02:10 in apple
42シェア
0
42
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

Apple

先週発売された2019年の新型MacBook Air(SSD256GB版)につき、ストレージの読み込み速度がMacBook Air(2018)よりも遅くなっている可能性を示すベンチマーク結果が公表されています。

フランスのアップル関連情報サイトConsomacがMac用ディスクベンチマークアプリBlackmagic Disk Speedを用いたテストでは、ストレージ256GB版MacBook Air(2019)の書き込み速度が1GB/秒、読み込み速度が1.3GB/秒だったとのこと。

これに対して2018年の同等モデルは書き込み速度が920MB/秒で、読み込み速度が2GB/秒。つまり書き込みについては少し改善されている一方で、読み込みが35%も低下したという結果が出ています。
mba
さらにConsomacはストレージ128GB版についてもテストしたところ、2019年モデルは書き込みが500MB/秒で読み込みが1.3GB/秒。この結果は、2018年モデルでも大きな差がなかったとのこと。ストレージ容量が少ないほど書き込みパフォーマンスが下がるのは、モデルの年度に拘わらず一般的な傾向のようです。

MacBook Air(2019)は新たにTrue Toneディスプレイに対応した一方で、従来より約1万5000円も値下げされました。Consomacは、そのためのコストダウンがSSDに影響したのではないかと推測しています。

もしも前年モデルより低速なSSDが採用されたとしても、プライベートや職場などの普段使いでほとんど気づくことはないはず。ただ、SSDのパフォーマンスを気にする人は、大容量のストレージ搭載版を選ぶ方がいいかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: MacRumors
Source: Consomac
関連キーワード: apple, benchmark, MacbookAir, macbookair2019, ssd
42シェア
0
42
0
0

Sponsored Contents