Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

7月24日のできごとは「NEOGEO mini 発売」「iPod mini 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年7月24日, 午前05:30 in today
16シェア
2
14,"likes":9
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

7月24日のおもなできごと

2004年、アップルが「iPod mini」を日本で発売
2011年、岩手県・宮城県・福島県を除く44都道府県でアナログ放送が終了
2015年、auが京セラ初のタブレット「Qua Tab 01」を発売
2018年、SNKが「NEOGEO mini」を発売

2018年:液晶とコントローラー装備で、そのまま遊べるレトロゲーム機「NEOGEO mini」

today
昔からたくさんのゲームタイトルが遊べる海賊版のゲーム機は多数ありましたが、最近では、「ミニファミコン」のように本家が復刻版を発売する例が増えました。そのひとつが、2018年の今日発売になった「NEOGEO mini」です。

NEOGEOはアーケード用のゲームがそのまま家庭でも楽しめる、というコンセプトのゲーム機でしたから、家で遊んだという人はもちろん、ゲームセンターに通っていたという人にとっても思い出深いものではないでしょうか。そういったこともあってか、このNEOGEO miniも黒いコンシューマー用のハードではなく、アーケード筐体を模しています。

面白いのが、小さいながらもコントローラーと3.5インチ液晶を内蔵していること。これ単体でいつでも遊べるようになっています。もちろん、外付けのコントローラーも用意されていますし、HDMI出力も装備していますから、大画面でプレーすることも可能です。

収録タイトルはシリーズ物が多いとはいえ、その数なんと40本。それでいて税別1万1500円ですから、破格の安さといえるでしょう。ちなみに12月には48本収録した「NEOGEO mini クリスマス限定版」、そして今年の6月には多数のサムスピシリーズを収録した「NEOGEO mini サムライスピリッツ限定セット」が発売されています。

2004年:小型HDDの採用で、小さくなった音楽プレーヤー「iPod mini」

today
音楽を手軽に聴ける携帯プレーヤーとして大人気となったiPod。これを小型化し、より携帯性を高めたものが、「iPod mini」です。コンパクトながらHDDを採用したモデルで、容量は4GBと初代iPodと比べて少なかったのですが、その小ささから人気となり、米国外での発売が半年以上遅くなりました。

実は採用されているHDDはマイクロドライブという、コンパクトフラッシュ(CF)サイズのもの。マイクロドライブも結構高価な部品なのですが、当時はフラッシュメモリーの価格が高かったこともあり、こちらが採用されていたようです。

マイクロドライブの採用は小型化という面ではメリットがありましたが、この部材調達に手間取ったというのが米国外での発売が遅れた理由のひとつになっています。ちなみにサイズだけでなく、インターフェースもCFそのものだったりしますので、後年、iPod miniを分解して大容量CFへと載せ替える改造が(一部で)流行しました。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, ipod mini, neogeo, NEOGEO mini, today
16シェア
2
14,"likes":9
0

Sponsored Contents