Sponsored Contents

necの最新記事

Image credit:
Save

PC-8001発売から40年。NEC PCが「PC-8001誕生40周年記者会見」を8/5に開催

マイコン御三家といえば、NEC、シャープ、富士通

ハード松村(Atsushi Matsumura)
2019年7月25日, 午前11:01 in nec
1886シェア
279
1607
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

NECが8月5日に「PC-8001」誕生40周年を記念した記念発表会を開催します。

今回の発表会では、当時の日本電気のPC事業立ち上げメンバーやPC-8001の開発者、そして元アスキーの西和彦氏が登壇します。NECによれば「世界にまだ個人がコンピュータを所有するという概念すらなかった時代にどのようにしてPC-8001が誕生したかを振り返る」とのこと。さらに名機PC-8001へのオマージュを込めた特別モデルが発表されるといいます。

pc-8001

日本のパソコンの歴史はおよそ40年前からスタートしました。当時は「パソコン」ではなく「マイコン」という名称が一般的。日立やシャープ、NECに富士通と、電機メーカー各社から組み立てキットや完成品のパソコンが発売されるなか、その後のパソコンの普及に大きく貢献したのがNECのPC-8001でした。

PC-8001はその完成度の高さから本格的な完成品のパソコンとして認知され、販売台数は20万台以上のヒット作となり、NECのPC事業を先導。NECはその後、PC-8801やPC-9801という名機を誕生させていくことになります。

pc-8001

今回の発表会では「日本のITカルチャーの原点とも言える8001で稼働するBASICプログラムが実際に動作するハードウェアと、そこにレトロゲームを添付した記念品」もお披露目されるそうです。

この記念品の説明は少々回りくどくみえますが、つまりは「ゲーム付きのPC-8001エミュレーター」ということではないでしょうか。当時のマイコン好きにはたまらないガジェットとなりそうです。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: ascii, mycom, nec, pasokon, pc, pc-8001, pc-8801, pc-9801, pc8001
1886シェア
279
1607
0

Sponsored Contents