Sponsored Contents

ActionCameraの最新記事

Image credit:
Save

ファッションを邪魔しない装着スタイル、極小アクションカムOPKIX ONE今秋発売

完全ワイヤレスイヤホンかと思いましたわ

田沢梓門, @samebbq
2019年7月26日, 午後06:20 in Actioncamera
33シェア
6
27
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

ウェアラブルカメラ「OPKIX ONE」が今秋日本で発売されます。価格は税別4万9800円。米国以外でのグローバル展開としては日本が初めての正式販売です。

Engadget
少し大きめの完全ワイヤレスイヤホンっぽいケースに2つのウェアラブルカメラが収納されています。カメラ本体は14.2×14.2×36mm、12gと非常にコンパクト。IP67の防水防塵性能を備えていてアクションカム用途として十分に活躍できそうです。

解像度は1080×1080 30fps。カメラ内蔵メモリは4GBで連続撮影は15分。EGGといわれる充電ケースのメモリは14GBです。動画データはInstagramなどSNSへの投稿を意識してスクエアを採用。アプリで画面比率を変更可能です。

Engadget
カメラが2つになっている理由としては端末のコンパクトさを保ちつつバッテリーの少なさを補完するための措置とのこと。また、2つカメラを同時に起動することで同じ瞬間を2つのアングルで撮影できるという利点があります。

カメラ側面にあるボタンを押すことで録音を開始。撮影中はレンズを囲うLEDが点灯します。結構な明るさなので盗撮なんてできませんよ。EGGにカメラを戻すことで撮影データを転送。EGGからWi-Fi接続でスマホに転送可能です。転送するとカメラ、 EGGからは動画が消去されます。

カメラ側面に搭載されているマグネットがポイント。各アクセサリ類にペタっと貼り付けられます。GoProだとゴテゴテとマウントや対応アダプタを使用して身に付けなければいけませんでしたが、OPKIX ONEはファッション性を損なうことなく撮影できるでしょう。

Engadget
▲アイウェア、ネックレス、リング、セルフィースティック、フラットプレート、充電ケースが同梱しているのでスグに撮影が開始できます

Engadget▲付属のサングラス。人によっては十分不審者、スタイリッシュな人はスタイリッシュかと.........


Engadget
発表会では来日したOPKIX CEOローレンス・グリーブス氏が登壇。OPKIX ONEについて以下のようにコメントしました。

「私の若い友人がこういった不満を漏らしました。『スノーボードしながらアクションカムで撮影しているけどヘッドセットが大きくて、オシャレじゃない。かといってiPhoneじゃ危ないし、ファッション性があってカッコいい、小さいデバイスが欲しい......。』これが、OPKIX ONEを開発したきっかけです」

「12億円をかけて、200名のエンジニアが関わり、3年かけて遂に発売することができました。アクションカムとしての用途はもちろん、子供の成長を記録に収めたいファミリー層、そしてすべてのカメラ好きに手にとって欲しい製品です。ぜひ、OPKIX ONEでInstagramなどのSNSに投稿してください。現在構想しているOPKIX TOWは5Gを見据えていて、遅延ナシで動画の送信やバックアップ、配信ができればと思っています」

Engadget
▲未発売ですがマグネット内蔵の専用キャップもあります。これならファッションを損なわないのでローレンス氏の友人も満足なのでは?



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: ActionCamera, camera, OPKIX ONE
33シェア
6
27
0

Sponsored Contents