Sponsored Contents

gamingの最新記事

Image credit:
Save

今や“協力プレイ”の必需品「Discord」を解説、チャンネルやサーバーの使い方

支持率急上昇中!?

浦和武蔵, @urawakun
2019年7月27日, 午後07:30 in Gaming
85シェア
15
70
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
ここ数年、ゲーム愛好家たちのコミュニティで見聞きするようになった「Discord」(ディスコード)という単語。名前は聞いたことがあっても、実際"何なのか"はよくわかっていない人、多いんじゃないでしょうか?
「...ん? ディスコ? なに? 踊るの?」程度の認識の人も、きっと少なくないはずです。そこで今回は、「知らなきゃ乗り遅れる!」というほどでもありませんが、知っていて損はない、Discordについて、どんなことができるのか、簡単にご説明いたします。

Discordとは、2015年5月にサービスを開始した、"ゲームに特化した"チャットツールです。PCやスマートフォンで利用できます。スマホ版はiOSとAndroidでそれぞれアプリがリリースされています。今回説明するのは、主にスマホ用アプリについてです。

何ができるの?


Discordでは大きく分けて2つのことができます。

まずひとつはテキストチャットです。テキストチャットでは画像やPDFも投稿することができます。

Discord

もうひとつがボイスチャットです。これがあれば遠く離れた仲間とも会話しながらゲームを楽しむことができます。

Discord

以前紹介した「PUBG MOBILE」や「Identity V 第五人格」など、ソロプレイだけでなく協力プレイのアツいゲームが、近年では増えています。ボイスチャットだと味方同士声を掛け合ってリアルタイムで「あっち行け」だの「そっち行け」だの、作戦などのやり取りをできるのが魅力ですね。

チャットをする「サーバー」の準備

このようなチャット機能を利用するには、「サーバー」が必要になります。サーバーは他のユーザーに招待してもらうか、招待の当てがなければ自分で作成しましょう。しかし"サーバーの作成"といっても、そんなに大掛かりで専門知識が要るようなモノではなく、mixiのコミュニティよりも簡単に作成できるモノなので、ご安心を。

Discord

新しいサーバーは、画面左側の◯に+アイコンをタップして、「サーバーを作成」を選び、サーバー名とサーバー地域とアイコン画像を決めるだけで、あなたのサーバーを作成できます。

Discord

サーバー作成時には、あらかじめテキストチャットとボイスチャットの「チャンネル」がひとつずつ用意されています。サーバー管理人(作成者)はチャンネルを自由に追加できるので、自分がよくプレイしたり、仲間内でよく集まったりするタイトル毎にチャンネルを作っておくと良いでしょう。

Discord

そして、新しくサーバーを作ったら、ぜひ他のユーザーを招待してみてください。招待リンクは1日限定、もしくは有効期限のないリンクも設定できます。

無差別に誰でもウェルカムなサーバーなら、リンクに有効期限を設定せず、TwitterやFacebookなどSNSのプロフィール欄にリンクを貼っておくと、誰かがあなたのサーバーに来てくれるかもしれません。逆に、完全に身内だけ集まりたいサーバーは1日限定リンクにしておくと、忘れた頃に赤の他人がヒョイッと紛れてくる"事故"も防げることでしょう。

Discord

ちなみに、サーバーは1アカウントで1つ以上作成できるので、集まるメンバーによって、例えば友人Aと友人Bは仲が悪いので、2人を一緒のサーバーにせず、別々のサーバーを用意する...というような、(自分を含めた周りの)人間関係を壊れにくくする使い方もできるのです。

ボイスチャットでワイワイキャーキャー

ボイスチャットは、会話したいメンバーが任意のチャンネルに接続すると、開始することができます。Androidの場合、通知領域に「Discord」があれば"接続中の状態"なので、その状態でゲームを起動すると、同じチャンネルに接続しているメンバー同士会話をしながらゲームをプレイすることができます。

Discord

なかなかボイスチャットをする時間帯が合わなければ、テキストチャットで待ち合わせ専用チャンネルを作るとモアベターでしょう。"駅の伝言板"のように...。

支持率急上昇中!?

「Skype、TeamSpeakの時代は終わりを告げた...!」と公式で"煽って"いるように、最近はSkypeから移行する人も増えているらしいDiscord。前述のとおり、スマホゲームもリアルタイムで仲間と協力して戦うゲームが人気を博しています。みんなで声を掛けて力を合わせて勝利を手にするのはアツいモノがありますよ!

逆に、対戦相手同士のボイスチャットだと、"リアル"で面識がない限りは、いろんな意味で危険なので、おすすめできません(笑)

Discordアプリで、楽しいスマホゲームライフを!



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: gaming
85シェア
15
70
0

Sponsored Contents