Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate X」、カメラ数やデザインの異なる端末が目撃される

カメラ強化は嬉しいポイント

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年7月29日, 午前11:30 in mobile
56シェア
8
48
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


中国ファーウェイが9月のリリースを準備している折りたたみスマートフォン「Mate X」について、カメラ数やデザインが変更されたバリエーションらしき端末が目撃されています。

今回の画像は、中国人ジャーナリストのLi Wei氏がファーウェイでCEOを務めるRichard Yu氏と同席した際に、写真撮影したものです。まず、製品公開時からの変更点としてわかりやすいのが、ヒンジ部分とカメラ部分にカーボンファイバー調のパーツが採用されていることです。オリジナルのMate Xでは、この部分にはグレーとブラックのプラスチックパーツが採用されていました。

さらに、持ち手部分のカメラ数も3個から4個に増えています。これについては、Mate Xの公式スペックページにも第4のカメラとして深度を測定する「ToFセンサー」の記載が追加されており、この4カメラが正式な製品仕様となることがうかがえます。それ以外にも、ディスプレイを展開するためのボタンにもレッドのアクセントカラーが加えられています。

Mate Xはもともとは今年夏頃の発売が予定されていましたが、製品の耐久性に関するテストを追加実施するために、発売時期が9月に延期されています。ただし今回の画像からは、ディスプレイやヒンジ周りにどのような変更が加えられているのかを読み取ることはできません。

今回の画像はファーウェイのCEOが使っていたとのことで、情報の信憑性は高いと思われます。しかしこれがMate Xのデザイン変更を意味しているのか、それとも上位モデル(あるいは単なる社内用のテストモデル)の存在を意味しているのかは、現時点では断言することはできません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Weibo
関連キーワード: android, foldable, huawei, mobile, smartphone
56シェア
8
48
0

Sponsored Contents