Sponsored Contents

wearablesの最新記事

Image credit:
Save

Galaxy Watch Active 2はアルミとステンレスの2モデル。FCCに写真が掲載

LTEや44mmサイズの情報はありません

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年7月29日, 午後01:00 in wearables
24シェア
6
18
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

これまでに何度か情報が出てきているSamsungの次期スマートウォッチGalaxy Watch Active 2ですが、その画面写真と背面イメージが米連邦通信委員会FCCの認証ページで見つかりました。


ラベル表示位置を示す資料として掲載されているもので、UI自体は既存のGalaxy Watch Activeと変わらないように見えます。周囲がタッチベゼルになっているとの噂がありますが、この画像からは判断できません。

Galaxy Watch Active 2
また、背面イラストもあり、これを見ると心拍センサーの形状が変わっているようです。Galaxy Watch Active 2はECG(心電図計)に対応するとの話もあるので、それに関係しているのかもしれせん。

なお、Galaxy Watch Active 2にはケースサイズが40mmと44mmの2種類あるとされていますが、FCCでは40mmの情報しかありません。代わりに、アルミケースとステンレスケースの2種類あることがわかります。

Galaxy Watch Active 2

LTEモデルの噂もありますが、こちらも、いまのところFCCには登場していません。44mmサイズとあわせ、あとから追加になる可能性もあります。

このほか、FCCの情報から判明したことは、カバー材にはGorilla Glass DX+採用。5気圧防水で、MIL-STD-810Gに対応というあたり。

Samsungは8月7日にGalaxy Note 10のUnpackedイベントを予定しており、Galaxy Watch Active 2も同時に発表されると予想されています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: FCC
24シェア
6
18
0

Sponsored Contents