Sponsored Contents

robotの最新記事

Image credit:
Save

ロシア製ロボット「Skybot F-859 ヒョードル」遂に国際宇宙ステーションに向けて出発か(世永玲生)

公式Twitterで情報発信中(ただしロシア語)

世永玲生(Reo Yonaga)
2019年7月30日, 午後04:00 in robot
174シェア
38
136
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

皆さん、「ヒョードル」って知ってますか?

ヒョードルは数年前から、一部マニアの間で話題になっていたロシア製のロボット。正式名称は「Skybot F-859 FEDOR」といいます。

初期はFinal Experimental Demonstration Object Researchの頭文字である「F・E・D・O・R」の名で知られていました。ロシア民間防衛問題・非常事態・自然災害復旧省、アポカリプス系の映画(主にゾンビ映画)ファンでしたらご存知の「EMERCOM」による発注で開発がスタートし、救助任務の為に作られたロボットです。

robot
▲プロトタイプはこんな感じだったのですが

robot
▲過酷な......

robot
▲訓練を続け......

robot
▲各シュミレーションが行われ、バージョンアップを重ね......

robot
▲車の運転や

robot
▲ドリルを使った工作

robot
▲細かい作業

robot
▲医療行為

robot
▲消火作業

robot
▲ATVの運転

robot
▲そして銃撃を行うことも可能になりました

そして2021年には宇宙にも行くと言われています。

ヒョードル公式Twitterスタート

さて、このヒョードル。一部マニアの間で話題になっているだけでしたので、今までは情報があまりありませんでした。

ですがこの度、遂に公式アカウントらしきものが作られたのです。



このアカウントでは、今まで公開されていなかったヒョードルの新規画像がアップロードされています。ですので、"公式"であることは間違いなさそうです。
  • ロシアの秘密兵器だ
  • いやこれは壮大な釣りだ
  • CG会社のプロモーションだ

......と、これまで様々な噂が立っていたヒョードルですが、やっとその秘密のベールが剥がされるのかも。

ちなみにここ数日は、VR用のヘッドマウントディスプレイとセンシング装置を装着した技師の動きをヒョードルがトレースしている様子がアップされています。

今年一番注目すべきTwitterアカウントかもしれませんよ。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: robot, robotics, robots, russia
174シェア
38
136
0

Sponsored Contents