Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

アラミド繊維の「Xperia 1 」ケースレビュー、心にしみる軽さと薄さ(くんこく)

ストラップホールも地味に嬉しい

くんこく(Kunkoku)
2019年8月5日, 午前11:15
41シェア
12
29,"likes":11
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

Xperia 1を保護するケースとして、前回のDeff(ディーフ)製「clings SLIM HAND STRAP CASE for Xperia 1」に続いて、「Ultra Slim & Light Case DURO for Xperia 1」を試してみました。「Ultra Slim & Light Case DURO for Xperia 1」は、デュポン社のケブラーとなるアラミド繊維製のXperia 1専用のケース。Amazonにて5940円で販売しています。

Xperia1deff

パッと見た感じでは、よくある本体の側面から背面を覆うカバータイプのケース。どこにでもあるようなケースの黒いバージョンかな?くらいに思っていましたが、どうやらそれは大きな間違いでした。

驚いたのは、ケースの極薄っぷりと軽さ。簡易に守る無難なクリアケースを急場凌ぎで使うことがあるのですが、装着スタイルは同じでも恐ろしいほどにモノが違います。まずなんといっても軽い。ケース単独でたったの12gしかありません。

Xperia1deff

たまたま手持ちであったTPUケースを測ってみると34gと約1/3です。そしてケースも激薄で、まったくといってモッサリ感がありません。ケース自体のサイズは、幅73.8×高168×厚9.2mm。

Xperia1deff

その素材となるアラミド繊維というものは、超強度、超耐性を誇る特殊繊維で別名「スーパー繊維」とも呼ばれれているそう。使用用途としては、宇宙船、飛行機、船、自動車、ヨットの帆、防弾チョッキ、パラシュート、ラジアルタイヤの芯線、高層建造物、大型高架橋といったその強度の信頼性が要求されるモノに使われることの多い素材だそうです。

強度は、例えば同じ重さの鋼鉄と比較すると約5倍。逆に同じ強度とすれば鋼鉄の1/7、FRPなどのガラス繊維の1/2という劇的な軽さ。さらに耐熱性、非磁性、耐衝撃、振動減衰効果といった特徴もあるようです。

Xperia1deff

そんな凄い素材をケースに採用するのよしとして、きちんと装着できるように加工するのが物凄く大変。そういえば、ノートPCのVAIOの天板素材にカーボンを採用した際も非常に苦労したという話を聞いたことを思い出しました。

Xperia1deff

装着する際は、フチにそってパコっとはめ込むだけ。ケースの薄さを柔軟さもあって本体に傷がつくことなくスムーズかつしっかりと取り付けられます。いやいや、このケースの薄さっぷりから本体との一体感がなんとも爽快。

どんなケースでも一回り分くらいは大きくなるため、Xperia 1の本来のスタイリッシュさは損なわれるのは仕方ないと思っていましたが、「装着した感のなさは良いね!」と声が出てしまうほど。手に持っても、素のXperia 1を持っているときとほとんど変わらないんじゃないかと思えます。しかも軽量ということもあって重さ的に増えたと感じることもありません。

Xperia1deff

また、アラミド繊維の織り目と、特殊コーティングされた表面の手触りがなんとも滑らかで手に馴染む感。ブラックのマット仕上げで、おそらくブラックカラーのXperia 1が一番相性がよいのではと思います。(上記のXperia 1はブラックカラーのモックです。)

自分の手持ちのパープルに装着してみると、さすがに全体を覆い隠されてカラーの見え方は少なくなりますが、吸い付くようなケースとの一体感は癖になりそうです。

4つの角はディスプレイのギリギリまでケースが覆っているので、軽くても守られている安心感があります。

Xperia1deff
Xperia1deff

Xperia 1のディスプレイ再度は覆われていないため、サイドセンスは素のままと同じように使えます。本体右サイドにあるボリュームキー、指紋センサー、電源キー、カメラキーの部分も開口してあるのでダイレクトに操作可能。

下側にあるUSB type-C端子やマイク部分もギリギリがくり抜かれて露出を減らしつつ、ケースが極薄なこともあって配線が奥まで挿さらないということもありません。

Xperia1deff

背面カメラ部分は、開口されているだけではなくて別パーツで周囲を保護。ケースが薄すぎて、平面に置いたときにカメラが直接ぶつかってしまわないように配慮してあるところもよく考えてあるなと。

素材としてもおサイフケータイやNFCなどの通信もケースを装着したまま使えます。

Xperia1deff

おまけに、背面には専用のストラップホールを搭載。カメラの周辺に使われているパーツと同色のシルバー調で、ここに好みのストラップを付けられます。Xperia 1自体にはストラップホールはないため、こういうところもなかなか気が利いています。

シンプルなケースにあって、この激薄さと軽さ、それから利用シーンを考え抜かれて作られていて感動するレベルです。パッ見で判断しちゃいけないなという反省とともに、「Ultra Slim & Light Case DURO for Xperia 1」かなりオススメのケースです。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

41シェア
12
29,"likes":11
0

Sponsored Contents