Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

性能モンスターなGalaxy Note10 / 10+をGIF動画でチェック

6.8インチと6.3インチの2モデル

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2019年8月8日, 午前06:00 in mobile
61シェア
8
53,"likes":72
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View



8月7日(現地時間)、サムスンはニューヨークで秋冬商戦向けフラッグシップモデル、Galaxy Noteシリーズの最新機種「Galaxy Note10+」「Galaxy Note10」を発表しました。スタイラスペン「Sペン」を本体に内蔵し、手書きもできる高性能なスマートフォンです。最新CPUも搭載、メモリ容量にも余裕があるなど、その性能はモンスタークラスといえます。

(※記事ではGIFアニメを多用しています。動いて見えない場合は、標準ブラウザーに変えてみてください)

GalaxyNote10
画面サイズは2種類用意されます。Galaxy Note10+は6.8インチ(3040x1440ピクセル)、Galaxy Note10は6.3インチ(2280x1080ピクセル)。6.8モデルはこれまでのGalaxy Noteの正当な進化。「ノート」としてクリエイティブな作業をしたいユーザーに最適な大きさです。一方6.3モデルはペンを使いたいけれど片手で楽に持てるサイズが欲しい、というユーザーニーズにこたえたもの。6.3インチでも十分大画面ですから、こちらのモデルも魅力的です。

GalaxyNote10
ディスプレイは上部中央にフロントカメラ(1000万画素)を埋め込んだデザイン。上下のベゼル幅がより狭くなっています。本体の基本的なデザインは2つのモデルでほぼ同等。カメラは1600万画素(ワイド)+1200万画素(ウルトラワイド)+1200万画素(望遠)の組み合わせで、Galaxy Note10+のみ深度測定用のTOFカメラが追加されたクワッド仕様になります。

本体カラーは「Aura」を頭につけた「Aura White」「Aura Glow」「Aura Black」の3色が基本カラーになります。Galaxy Note9は落ち着いた色合いで「大人の高級文具」というイメージもありましたが、Galaxy Note10シリーズはきらびやかになり、「人に見せたくなる」イメージが強く出ています。なお販売国によって追加カラーも提供。小型サイズで女性ユーザーも意識したGalaxy Note10は赤やピンクも登場するとのこと。

Note10

注目カラーはAura Glow。ガラスで覆われた表面が光の当たる角度で虹のように7色の色を反射します。このモデルに似合うケースは透明のものだけでしょう。
Note10

Sペン機能はモーションセンサーを内蔵したことで、リモコンとしての機能が増えています。Galaxy Note9のSペンはカメラのシャッターボタンになりました。Galaxy Note10+、Note10のペンはそれに加え、、

・上下に振る:リア・フロントカメラ切り替え

・左右に振る:カメラモードを順繰りに切り替え

・ぐるぐる回す:回す方向でズームイン・ズームアウト切り替え

ができるのです。もう写真撮影中に画面をタッチする必要は一切なくなりました。

Note10
またSペンのメモアプリ「Galaxy Notes(Samsung Notes)」では手書きした文字をワンタップで読み取り、テキストに変換してくれます。対応言語は60か国語以上で、もちろん日本語にも対応します。そのままWordやPDF変換もできるなど、ビジネス向け機能が充実されました。

Note10
Galaxy Note10+、Note10をPCの通知をPCで受けたり、PCに接続して画面を表示し操作もできるDeX Station機能など、PC連携機能もアップ。スマートフォンとしてだけではなくPCコンパニオンとしても最強のツールになりそうです。

Note10
Galaxy Note10+、Note10のグローバル発売は8月下旬から。日本についてはいつものことながら現時点では未定ですが、出さない理由が見つからないでしょう。ビジネスユース向けとしての展開にも期待したいものです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

61シェア
8
53,"likes":72
0

Sponsored Contents