Sponsored Contents

galaxyの最新記事

Image credit:
Save

Galaxy Note10発表。ついに上部ベゼル廃止、背面4カメラ搭載のNote10+も

RAM12GBの鬼スペック、Sペンはジェスチャー対応に

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年8月8日, 午前05:00 in Galaxy
96シェア
16
80
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


サムスンは米ニューヨークにて7日(現地時間)、AndroidスマートフォンGalaxy Noteシリーズの新機種を発表しました。今回は「Galaxy Note10」と大画面版の「Galaxy Note10+」を2モデル構成となっています。

「ペン対応で大画面」が特徴のGalaxy NoteシリーズですがNote10では狭額縁化を進め、最後まで残っていた上部のベゼル(額縁)がついに廃止。もう1つのフラッグシップライン「Galaxy S10」と同じく、ノッチならぬパンチホール(パンチ穴)にインカメラを収めています。

大画面版「Note10+」は従来モデルNote9とほぼ同様の縦幅・横幅を維持しつつ、画面サイズはタブレットに迫る6.8インチへと更に拡大。その上で厚みは7.9mmに抑え、重さも196g(5G版は198g)へと減らしています。

Note10では6.3インチのディスプレイを採用。「Galaxy S10」に近い画面サイズになった、実質的なコンパクト版と言えます。大きさは71.8×151×7.9mmで、重さは168gと「Galaxy Noteとしては軽量」と言えます。



背面カメラはNote10+で大きなアップデート。被写界深度を測るToF(Time-Of-Flight)カメラを搭載し、動画撮影時にリアルタイムでぼかしを加えられるようになっています。Note10+/Note10共通で、超広角カメラ(16メガピクセル)、標準画角(12メガピクセル)、望遠カメラ(12メガピクセル)の3つのカメラを備え、画角を切り替えて使えます。

Note10+はこれにプラスしてToFカメラがあり、「Galaxy A9」や「Galaxy S10 5G」に続くクアッドカメラ仕様となります。

NoteシリーズならではのSペンは今回、杖のように振って操作するジェスチャー機能をサポートしたほか、日本語を含む文字認識機能を強化。Samsung Dexではマイクロソフトとの連携により、Windows PCとのデータのやり取りを簡単にする新機能が盛り込まれています。



このほかにも、フラッグシップとしての十分なスペックを備えた一台となっており、たとえばメモリ(RAM)はGalaxy Note10+が12GBを搭載。Note10は8GBを備えます。一部の地域では5G対応版も展開されます。

米国での販売価格は、Galaxy Note10が949.99ドル(約10万900円)、Galaxy Note10+が1049.99ドル(約11万1500円)、Galaxy Note10+ 5Gは1299.99ドル(約13万8000円、Verizonのみ取り扱い)。Note10+のストレージ512GB版はプラス100ドルとなっています。

Engadget 日本版では発表会場からの速報レポートを含め、Galaxy Note10シリーズの記事を順次掲載します。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

96シェア
16
80
0

Sponsored Contents