Sponsored Contents

healthcareの最新記事

Image credit:
Save

「近視抑制」メガネ、子供用に開発 バイオレットライト活用

JINSと慶大発ベンチャーがタッグ

101シェア
0
101
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

メガネブランドのJINSと慶應義塾大学医学部発ベンチャーの坪田ラボは8月7日、近視の進行を抑えるメガネ型医療機器の共同開発に着手したと発表しました。

このメガネ型医療機器は、近視が進行しやすい6〜12歳の小学生が対象。近視の原因である眼軸長の延伸を抑える遺伝子「EGR1」に働きかけ、近視を抑制する効果が報告されている「バイオレットライト」を目に照射することで、小児の近視進行を抑えるとしています。

「バイオレットライト」はブルーライトより短い波長 360〜400nm領域の紫色の光で、太陽光に豊富に含まれています。開発チームの仮説によると、屋内活動が中心となっている現代では、バイオレットライトを浴びる時間が減り、近視進行の危険性が増しているとのこと。(UVカットガラスでも大幅に減衰してしまう)

engadget
engadget

そこで同メガネでは、フレーム内側の照射ライトから、小学生が屋外環境に3時間滞在するのと同等量のバイオレットライトを照射します。ライトは直接視界に入らず、外側からも見えない構造設計とするなど、普通のメガネと変わらないデザインを目指すとのこと。電源はON・OFFでき、ライトの照射は任意のタイミングで行えます。

なお「バイオレットライト」は現時点で仮説の段階。同メガネは医療機器として、2020年以降に治験を開始し、2022年以降の製造販売承諾の取得を目指す方針です。

また、同メガネは既に近視を発症した子供向けに、進行を抑制する用途を想定。近視を根本的に防ぐ用途としては『デスクに置くライトなどが考えられる』(担当者)と語ります。価格については『なるべく沢山のお子様に使っていただけるよう、リーズナブルな価格帯にしたい』とコメントしました。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: health, healthcare, JINS
101シェア
0
101
0
0

Sponsored Contents