Sponsored Contents

Tokyo2020の最新記事

Image credit:
Save

最高635万円。VIP層向け東京五輪ホスピタリティパッケージ購入登録開始

敗者復活抽選の一方で……

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年8月8日, 午後01:00 in Tokyo2020
62シェア
10
52
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

申し込みが殺到した東京五輪のチケット。第1次抽選で1枚も当たらなかった人を対象とする追加抽選が、8月8日から始まります。この抽選を逃すと、次のチャンスは秋以降に始まる先着順での販売となりますが、もっと確実にチケットを入手する方法も存在するようです。ただし、相応にお金を積めばですが......。


東京五輪の大会組織委員会は7日、「公式ホスピタリティ」のサイトをオープンし、チケット購入登録を開始しました。

公式ホスピタリティとは、五輪競技の観戦チケットに加えて、会場内施設での飲食やラウンジの利用なども含まれる、高付加価値が付いたホスピタリティパッケージです。すべての競技で用意されているわけではありませんが、開会式や閉会式、陸上競技、バスケットボール、野球、ソフトボール、水泳などで利用できます。

価格は、もっとも安いもので9万円から。最高額は開会式・閉会式や陸上100mの決勝など11チケットがセットになった635万円。開会式のみなら110万円となります。

Tokyo2020

既に先着順での購入登録が始まっており、販売開始されると、専任スタッフが希望の詳細を確認し、予約を確定するとのことです。

この種のスポーツホスピタリティは、欧米ではビジネス上の接待手段として一般的だとしています。基本的にはVIP層向けの特別パッケージですが、もちろん、定額を払えば一般の個人でも購入は可能です。

56年ぶりに東京で開催されるオリンピック。優雅に観戦したいと思っているなら、一考の余地はあるかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

62シェア
10
52
0

Sponsored Contents