Sponsored Contents

twitterの最新記事

Image credit:
Save

Twitterがスヌーズ機能をテスト中。一定時間だけプッシュ通知を停止

Twitter疲れも緩和されるのかな

Kiyoshi Tane
2019年8月8日, 午後06:00 in twitter
62シェア
9
53,"likes":42
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

bombuscreative via Getty Images

Twitterが一定時間だけプッシュ通知を停止できる、いわゆるスヌーズ機能をテスト中であることが明らかとなりました。

本機能を発見したのは、アプリを解析して未公表機能をリークすることに実績のあるJane Manchun Wong氏。同氏はAndroid公式アプリ内から機能に関するコードを発見し、実際にアプリ上でもスヌーズ機能の動作を確認したとのことです。

Wong氏の報告によれば、スヌーズ機能が実装されたAndroidアプリでは通知タブ画面の右上に、斜線を引いたベル型のボタンが表示(一般のアプリでは設定の歯車マークのみ)。このボタンをタップすると、プッシュ通知をオフにする時間の設定パネルが表示され、1時間/3時間/12時間(ないしスヌーズしない)を選べるとのこと。スヌーズを解除または時間を変更するには、もう一度ボタンをタップします。


スヌーズ機能が実装されれば、ツイートがRTされるたび通知が鳴り続けてスマートフォンのバッテリーが消耗したり、リプライが気になって仕事や勉強が手に付かなくなる事態を防ぐことが期待できます。Facebookも利用時間管理ツールをリリースし、Googleもスマホ使いすぎ防止ツール「Digital Wellbeing」を公開しましたが、SNSが日常生活を妨げないようにしたいとの要望は、サービスは違えども一般的なニーズが高いようです。

また、Twitterはホームタイムラインからスワイプでリスト表示する機能をテスト開始し、さらに要望を受けて表示するリストを選択可能にしました。そして会話のやり取りの中で「このツイートは表示できません」と頻繁に表示される件も修正を約束しており、ユーザーの声に耳を傾ける姿勢を示しています。いつの日か、投稿後のツイートが編集可能になる日も来るのかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

62シェア
9
53,"likes":42
0

Sponsored Contents