Sponsored Contents

homepodの最新記事

Image credit:
Save

HomePodは「Apple製品以外」との組み合わせでも使えるのか?(西田宗千佳)

使えなくはないが、あえて選ぶのは悪手

西田宗千佳
2019年8月13日, 午前09:15 in homepod
98シェア
16
82
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
HomePodが8月23日にようやく日本でも発売となる。「Appleの製品は他のApple製品と組み合わせた時に最大の効果を発揮する」というのはもはや常識だと思うが、他社の製品と組み合わせてHomePodを使うことはできないのだろうか?

本稿では実機を使ってそのあたりをチェックしてみたいと思う。


セットアップには「iOS機器が必須」

まずいきなり悲報から入らないといけない。

iPhone・iPad・iPod TouchなどのiOS / iPadOS搭載製品を一切持っていない人は残念でした。現状、これらの製品をもっていない場合、HomePodのセットアップができない。また、同じApple製品ではあるが、Macからのセットアップも不可だ。

「じゃあ、一時的に誰かのiPhoneを借りれば......」と思うかもしれない。だが、それもやめておいた方がいい。なぜなら拝借したiPhoneでHomePodをセットアップすると、あなたの自宅ホームネットワークではなく、「他人のホームネットワーク」に登録されてしまうからだ。また、音楽サービスである「Apple Music」のアカウントも、セットアップに利用したiPhoneのものが登録されてしまう。それらを書き換える手段は、今のところHomePodを再セットアップするしかない。

だから、家族の端末を使うのでないかぎり、他人の端末を一時的に借りるのはやめておいた方が無難である。

なぜこんな仕組みになっているかというと、HomePodが「ホームネットワークのハブ」になることを前提に作られているからだ。Apple製品では「HomeKit」というホームネットワーク規格が使われており、その情報はiOS機器などで共有されている。HomePod設定時にはWi-Fiのアクセスポイント情報を軸に、HomeKitやApple Musicなど、ホームネットワークのデータが書き込まれることになる。そのため、設定はとにかく簡単で、ひと欠片の文字入力もなく、単に終わるのを待つだけ。だが一方で、そのプロセスはiOSに特化しているし、データを書き換える手段も提供されていない。

HomePod

というわけで、まずはここがApple製品以外でHomePodを使う際のハードルとなる。まあ個人的には、せめてMacには対応していてもいいのでは、と思うけれど(HomeKitはmacOSにも対応しており、不可能ではない)。

Bluetoothには非対応、「AirPlayスピーカー」としてなら使える

続いて気になるのは「他のOSのデバイスから音を鳴らすことができるのかどうか」だ。

先に答えを言ってしまうと、これも非常に大きな制限がある。

スマートスピーカーには、外部入力があったり、Bluetoothで接続して再生ができたりするものが多い。だが、HomePodはどちらもできない。

まず、外部入力がそもそも存在しない。それどころかネットワーク接続もWi-Fiのみで有線接続は不可。本体にコネクタはなく、出ているのは電源ケーブルだけ、というすばらしく割り切った構造である。だからデザインがすっきりしているのだが、「他の機器で使う」観点からすればマイナスだ。

Bluetoothは内蔵されているものの、これはiOS機器でのセットアップなどに使われるもので、オーディオの伝送には使えない。Bluetoothで接続しようにもできないのである。

HomePod

では、他の機器がまったく接続できないのかというと、実はそうでもない。HomePod自身がApple Musicにアクセスして楽曲の再生ができるほか、「AirPlay」を使って他の機器の音が鳴らせるのだ。

AirPlayとは、masOSやiOS機器などのApple製品で使われる、ネットワークによる連携機能。iPhoneの画面をApple TV経由でテレビに表示するときにも使われているし、Macからネットワークスピーカーを使う時にも使われている。LANを使う技術なのでBluetoothほど手軽ではないが、接続が安定しており、音を飛ばす場合は音質もいい。

iPhoneやMacで再生している音楽をHomePodで鳴らすには、このAirPlayを使って音を伝送するのが基本だ。正確に言うとHomePodでは、電話の呼び出しと音楽再生の同居などに対応した「AirPlay 2」が使われている。

AirPlayはAppleの技術だが、「Apple製品独占」というわけではない。オーディオアンプやスピーカー、テレビなどにライセンスが提供され、AirPlayを使った音楽再生や映像表示が可能だ。なお、AirPlay 2はAirPlayの上位互換技術なので、AirPlayに対応している機器からの再生ができる。

というわけで、そろそろわかった方もいるだろう。

AndroidやPCからHomePodを鳴らす場合には、「AirPlay対応の再生プレイヤー」を使えばいいのだ。Android用としては「Double Twist Cloud Player」などいくつかのプレイヤーがAirPlayに対応しているので、これらを使えば再生できる。ただ、最近はストリーミング・ミュージックサービスを使うことが増えたが、それらのアプリはAirPlayに対応していないので、その辺がちょっと面倒ではある。

HomePod
▲Android用アプリでAirPlayにも対応している「Double Twist Cloud Player」。Androidから使う場合は、こうしたアプリの利用が必須となる

PCから再生する場合には、「Airfoil for Windows」のようなソフトがおすすめだ。このソフトは好きなアプリの音ソースをAirPlayへと転送してくれるものなので、ウェブでもSpotifyなどの専用アプリでも自由に使える。こちらの方が便利と言えるだろう。

HomePod
▲PCのオーディオ出力をアプリ単位で選んでAirPlayに出力できる「Airfoil for Windows」。34ドルの有料ソフトだが、無料試用版あり

当然ながら、これらのソフトはHomePodのために作られたわけではないが、同じAirPlayを使うHomePodで問題なく利用できた。

というわけで、セットアップ方法を含め、「Apple製品を一切持っていない人」にHomePodはおすすめできない。だが、「Apple製品も他のOSも同様に使っている」ならば、AirPlayスピーカーとして使っても満足できるだろう。

ただ、問題は「価格」である。AirPlayに対応した機器は他にもっと安価なものがある。Siriを使った音声連携やApple Music連携を前提としないなら、3万2800円(税別)と高価なHomePodを選ぶ意味は薄い。そのあたりも含めて購入を検討してみてほしい。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

98シェア
16
82
0

Sponsored Contents