Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

Apple Watchにセラミックとチタン製ケースモデルが登場?watchOS 6ベータに手がかり

Series 4のバリエーション追加かもしれません

Kiyoshi Tane
2019年8月18日, 午後02:10 in Apple
51シェア
7
44
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

iHelpBR

Apple WatchにSeries 4にはなかった新素材のケースが追加される手がかりが、開発者向けwatchOS 6の最新ベータから見つかったと報じられています。

今回の情報元は、ポルトガルのテクノロジー系サイトiHelpBR。先日もiOS 13ベータからiPhone 11(iPhone2019年モデルの通称)が9月10日発表を示唆する手がかりを見つけたばかりです。

iHelBRは、watchOS 6ベータからApple Watchの初期セットアップ時に表示されるアニメーション画像を2つ発見。そこには「TITANIUM CASE(チタン製ケース)」と「CERAMIC CASE(セラミック製ケース)」の文字が確認できます。

セラミックケースはSeries 3までは「Apple Watch Edition」として提供されてきましたが、Series 4では廃止されたラインナップ。チタン製はApple Watchでは採用例のない、完全に新規の素材となります。

写真のアセット(OS内で使われる画像素材)は明らかに44mmモデル用ですが、iHelpBRは40mm向けにも同等のアセットを発見したとのこと。すなわち「現行のApple Watch Series 4と同じ2通りのサイズ向けに、セラミック製とチタン製ケースが登場する可能性」が窺えます。

本画像にはそれ以上の情報は含まれておらず、次期Apple Watch Series 5(仮)にも言及されていません。つまり「Series 5にはセラミック製とチタン製のモデルが登場する」とも、「単にSeries 4のバリエーションに、2つの素材が追加されるだけ」とも解釈できるわけです。

アップルのインサイダー情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏も、2月に「新たにセラミックケースモデルが発売される」と予測を述べていましたが、そちらでもSeries 4に新色が追加されるのか、それともSeries 5のオプションの1つとして提供されるのかは明らかにしていません。もっとも、その後Kuo氏はSeries 5が「今年後半に発売」という新たなレポートを発表しています

チタンと言えば、Apple Cardの物理カードにも用いられている素材です。今後はApple Watchほか、様々なアップル製品に採用されていくのかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
Source: iHelpBR
関連キーワード: apple, AppleRumor, Applewatch, watchos6
51シェア
7
44
0

Sponsored Contents