Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

Google Duoに低照度モード追加。夜間でも明るい画面でビデオ通話が可能に

電気が割高な新興国での利用を想定

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年8月20日, 午前11:30 in mobile
33シェア
9
24
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

Googleがビデオ通話アプリのGoogle Duoをアップデートし、低照度モードを追加すると発表しました。夜間など暗い場所でも、顔を明るく映してビデオ通話が可能になります。

この機能、停電が多かったり、電気が高価で、夜間でも電球1つで生活しなければいけないような、主に新興国での使用を考慮したものだとのこと。もちろん、電気が問題にならない地域でも、就寝前の挨拶や、夜間に外から使う場合でも便利な機能です。

なお、低照度モードがどのように画像を明るくするのか、その具体的な手法は不明です。夜間でも綺麗な写真が撮れる機能としては、Pixel端末の夜景モードがありますが、これはAIを駆使して画像処理を行うものでした。


ただ、Duoの低照度モードが新興国での使用を想定していることを考えると、低スペック端末でも動作する必要があります。AIなどは使わずに、単に感度設定や露出を調整しているだけなのかもしれません。

Duoの低照度モードは、今週中にAndroidとiOSアプリに展開されるとのことです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

33シェア
9
24
0

Sponsored Contents