Sponsored Contents

LINEの最新記事

Image credit:
Save

LINEアプリにコミュニティ機能「オープンチャット」が出現

一種の先祖返り

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年8月19日, 午後06:35 in LINE
353シェア
26
327
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

LINEは本日8月19日、LINEアプリの新機能「オープンチャット」の提供を開始しました。iOS/Android向けLINEアプリの最新バージョンに対応。トーク画面上部にオープンチャット機能への誘導アイコンが現れ、利用できるようになっています。

オープンチャット機能は、これまでの「トークルーム」を拡張した機能です。最大の特徴はトークルームごとにメインのLINEアカウントとは別の「プロフィール」を設定できる点。たとえば、アニメファンの集まりでは好きなキャラクターをアピールするプロフィール、学校の連絡用グループでは"○○ちゃんパパ"といったように、ハンドルネーム的に名前を使い分けられます。

また、友だち以外の人も募集できるようになっているのも新たな特徴で、公開設定の場合はLINEアプリのリンクから広く参加者を募れます。非公開設定でもURLやQRコードを使って友だち以外の人を招待できます。ひとつのトークルームには最大5000名まで参加可能です。なお、年齢認証をしていないユーザーや18歳未満のユーザーには、一部機能が制限されています。

ハンドルネームでのコミュニケーションなど、LINEのオープンチャットからは、古き良きコミュニティSNSの雰囲気が感じられます。

LINEはこの他にもタウンガイド機能やSNS検索も含む独自の検索エンジンを展開する構想を発表済み。トークアプリからインターネットサービスへとその戦線を拡大しています。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: app, community, LINE, mobile, smartphone
353シェア
26
327
0

Sponsored Contents