Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

「Matrix 4」制作決定。キアヌ続投、ラナ・ウォシャウスキーが監督・脚本

C.A.R.システムで戦うネオ

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年8月21日, 午前07:30 in Keanu Reeves
6868シェア
469
6399
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

Todd Williamson/Getty Images

映画『Matrix』シリーズの続編、『Matrix 4』(仮)の制作が決定しました。

キアヌ・リーブスが主演を続投し、オリジナルのクリエーターであるウォシャウスキー姉妹のひとりラナ・ウォシャウスキーが監督・脚本・プロデュースを務めます。

シリーズ1本目の『マトリックス』は今年2019年で公開から20周年。続編のリローデッドとレボリューションズは2003年に公開されました。

リンク先 Variety によれば、正式タイトル未定のマトリックス新作は主人公ネオ役にキアヌ・リーヴス、トリニティ役でキャリー・アン・モスが出演します。モーフィアス役だったローレンス・フィッシュバーンについては不明。

監督・脚本は、シリーズ全作品を手掛けるオリジナルのクリエーター ウォシャウスキー姉妹のひとりラナ・ウォシャウスキー(妹のほう)。脚本には作家のアレクサンダル・ヘモン、デイヴィッド・ミッチェルも協力します。

公開時期は未定。バラエティの関係者ソースによれば制作開始は2020年とされています。









「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Variety
6868シェア
469
6399
0

Sponsored Contents