Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:
Save

Netflix、ビル・ゲイツのドキュメンタリーを9月配信。『不都合な真実』のグッゲンハイム監督

天才の頭の中が分かるのか

Kiyoshi Tane
2019年8月21日, 午後02:50 in AV
150シェア
51
99
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

Associated Press

Netflixがマイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏につき、前例のない3部構成ドキュメンタリー「Inside Bill's Brain:Decoding Bill Gates(ビルの頭の中:ビル・ゲイツを解読する)」を発表しました。9月に配信開始とされ、日本向けにも公式ページが開設済みです。

本シリーズは、日本でもおなじみビル・ゲイツ氏が2000年にマイクロソフトを離れ、妻メリンダ氏とともにビル&メリンダ・ゲイツ財団の共同創設者として活躍している現在までの半生に焦点を当てたもの。監督はアカデミー賞で「長編ドキュメンタリー賞」を受賞した『不都合な真実』のデイビス・グッゲンハイム氏がつとめています。

さらにDeadlineによると、このドキュメンタリーにはゲイツ氏とメリンダ氏、ビジネス上の友人や家族、慈善事業のパートナーへのインタビューが含まれているとのことです。

ゲイツ氏はドキュメンタリー制作に同意した件について、Entertainment Weeklyに次のように語っています。

「デイビスは、私が取り組んでいる巨大プロジェクト群を見てドキュメンタリーを作ることを発想しました。それら(プロジェクトは)リスクがあり、私がやらなければあり得ないことでした。だから、私にとって(ドキュメンタリー制作の提案は)興味深いことでした」「より多くの人々がこれらの問題のいくつかに興味を持ち、解決に貢献してくれるかもしれないと期待しています。このドキュメンタリーを見た人々が、大きな問題も解決できるのだと前向きになることを願っています」

ゲイツ氏はプログラム言語BASICやMS-DOS/WindowsといったOSを普及させてマイクロソフトを世界的巨大企業に育て上げた後、商業的な成功とは真逆にある慈善基金団体ビル&メリンダ・ゲイツ財団を創設し、世界における病気や貧困への挑戦に取り組むという転身を遂げています。およそ凡人にはうかがい知れない「天才の頭の中」が、彼をよく知る人々の証言から明らかになることを期待したいところです。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

150シェア
51
99
0

Sponsored Contents