Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:
Save

Google、オンライン広告とプライバシー保護を両立させる取り組み「Privacy Sandbox」発表

プライバシーを守りつつターゲティング広告も配信

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年8月23日, 午後05:00 in internet
26シェア
7
19
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
Googleは8月22日(現地時間)、広告配信とユーザーのプライバシー保護を両立させるための取り組み「Privacy Sandbox」を発表しました。

閲覧者の興味などに応じた広告を表示するターゲティング広告は、効果が高い反面、プライバシーを侵害しているとの考えもあります。ターゲティングを回避するためにCookieをブロックしたとしても、例えばPCにインストールされているフォントやソフトウェアのバージョン、ハードウェア構成などを取得する「フィンガープリント」と呼ばれる方法などにより、ユーザーの推定が可能です。Cookieと異なり、ユーザーはフィンガープリントを自分の意志で制御できず、好ましい方法でないのは明らかです。

Firefoxなどはこのフィンガープリントをブロックする仕組みを持っているのですが、Cookieをブロックし、かつ代替方法も封じてしまうと、今度はパブリッシャー側の資金調達手段を奪ってしまうという問題が出てきます。


オンライン広告は、サイト運営者や広告主にとっては重要な収入源になっており、これがあるから、無料の情報を発信できるという側面もあります。最近の調査では、Cookieを削除して閲覧者と広告の関連性を低くすると、パブリッシャー側の収益が平均52%も減少したとの報告もあるほど。

そこで、フィンガープリントを防ぎ、ユーザーのプライバシーを保護。かつ、個人情報を集めなくてもターゲティング広告を配信可能にしようというのが、Privacy Sandboxなのです。

フィンガープリントのブロックといった特定の内容はすぐに対応できるものの、Web標準の開発プロセスを踏むにあたり、これから利害関係者との議論や意見が必要となります。Googleはできるだけ早く進めたいとしていますが、実現には数年かかる見込みです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

26シェア
7
19
0

Sponsored Contents