Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

モトローラの縦折りスマホ「RAZR」は早ければ12月との噂。お値段1500ユーロ

ライバル製品よりはお安い?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年8月23日, 午後06:00 in mobile
39シェア
5
34
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
米モトローラの折りたたみスマートフォン「RAZR(仮称)」が今年12月から来年1月にかけて1500ユーロ(約17万8000円)で発売されるとのリーク情報が、海外にて伝えられています。

RAZR(仮称)はフリップ型ケータイのような「縦折り式」とされるスマートフォン。韓国サムスンの「Galaxy Fold」や中国ファーウェイの「Mate X」の「横折りスマートフォン」とは異なる折れ方の端末になるとされています。また上画像のように、プレスレンダリングらしき画像もリークされています。


そして今回の情報を伝えたオランダ語テックサイトのLetsGoDigitalによれば、RAZR(仮称)はメインディスプレイだけでなく、外側にもサブディスプレイも搭載するとのこと。ただし、その大きさはわかっていません。また、プロセッサにはSnapdragon 700を採用し、本体サイズにあわせた小型のバッテリーが搭載されると言います。

ちなみに1500ユーロという価格は、Galaxy Foldの1980ドル(約21万円)やMate Xの2299ユーロ(約27万円)よりいくぶん廉価。もちろん1500ユーロが安いというわけではないですが、折りたたみスマートフォンという括りでは、ミッドレンジ市場を意識した製品となるようです。

もともとRAZRとは、2000年代に発売されていたモトローラの大ヒットフィーチャーフォンの名称。折りたたみ形状に進化するRAZRがスマートフォン業界に新たな旋風を巻き起こせるかどうか、そのあたりにも注目です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

39シェア
5
34
0

Sponsored Contents