Sponsored Contents

disneyの最新記事

Image credit:
Save

スター・ウォーズ、ユアン・マクレガーの『オビ=ワン』再演ドラマ制作決定。Disney+独占配信

2020年から撮影

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年8月24日, 午後02:02 in Disney
114シェア
21
93,"likes":65
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
(ROBYN BECK via Getty Images)

ディズニーのイベントD23Expoで、俳優ユアン・マクレガーがジェダイの騎士「オビ=ワン・ケノービ」を再び演じる『スター・ウォーズ』新作ドラマが正式に製作発表を迎えました。

『オビ=ワン』ドラマシリーズは、ディズニーが準備を進める独自ストリーミングサービス Disney+ の目玉コンテンツのひとつとして配信予定。

舞台はユアン・マクレガーが若き日のオビ=ワンを演じた映画『スター・ウォーズ』新三部作のフィナーレ、エピソードIII シスの復讐から8年後になるとされており、脚本はすでに執筆済み。撮影は来年から開始予定です。

正式なタイトル、エピソードの数や放送開始時期などは現時点で未発表です。



1977年の第一作『スター・ウォーズ 新たなる希望』に始まるオリジナル三部作(エピソード4・5・6)では、アレック・ギネスが老いたオビ=ワンを演じました。

ユアン・マクレガーはその後1999年の『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』からの新三部作(エピソード1・2・3)で、劇中では時代を遡って若い時代のオビ=ワンを演じています。

現在進行中の続三部作、レイが主人公の『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』『スカイウォーカーの夜明け』(エピソード7・8・9)では、オビ=ワンは過去の時代の人物であるため登場しません(一瞬声は聞こえる)。しかしオビ=ワンはスター・ウォーズの人気キャラクターのひとりとして、主人公にしたスピンオフ作品のうわさは以前から続いていました。

ユアン・マクレガー当人はかねてからオビ=ワン役の再演に積極的で、実際に『ローグ・ワン』以降の外伝スピンオフ映画アンソロジーシリーズとして準備も進んでいたとされています。しかし興収が捗々しくなかった『ハン・ソロ』以降、ディズニーはスター・ウォーズ映画の量産を再考。

ディズニーにとっては独自のストリーミングサービスDisney+でNetflixやアマゾン等に対抗する戦略が最優先となったため、映画ではなくドラマシリーズとしての制作が決定したようです。

同じくスピンオフ映画の有力候補と考えられていた賞金稼ぎボバ・フェットの外伝も、ある意味かたちを変えて、ドラマ『ザ・マンダロリアン』としてDisney+のサービス開始と同時に配信を予定しています。

映画からドラマは格下げの印象もありますが、『ゲーム・オブ・スローンズ』の大成功を挙げるまでもなく、ドラマシリーズでも映画以上の予算と成功がある時代です。ディズニー的にも社運を賭けたサービスの目玉として、むしろ単発映画より長くシリーズが続く可能性もあります。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

114シェア
21
93,"likes":65
0

Sponsored Contents