Sponsored Contents

sonyの最新記事

Image credit:
Save

ソニーがスマホ不要で耳を塞がないコミュニケーションイヤホン NYSNO-100発表

First Flightで支援募集も開始

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年8月26日, 午後12:55 in sony
183シェア
44
139
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


ソニーは8月26日、耳に装着するだけで会話できるスマホ不要なウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO(ニスノ)-100」を発表しました。

ソニーのスタートアップ創出プログラムSSAPのプロジェクトとして、クラウドファンディングサイト「First Flight(ファースト・フライト)」にて支援を募集します。

NYSNO-100は、ソニー独自の「グループトーク」機能を搭載しており、予め互いに登録したNYSNO-100を装着した人同士が、2者間通信距離最長約500mの範囲で同時会話を楽しめる製品。最大3名で会話することができます。

SONY NYSNO-100 First Flight▲約500mの範囲で同時会話を楽しめる

だだし、ソニービジネスソリューションが提供するスマホアプリ「Callsign」を使うことで、会話できる人数や距離を無制限に拡張できるとのこと。NYSNO-100は発話専用ボタンも搭載しており、スマホを操作することなく会話できます。

また、ソニーのイヤホンでお馴染みの、耳を塞がずに周囲の音を拾える構造アンビエントイヤーピースや風切音を軽減する内蔵マイクなど、これまでソニーがオーディオ開発で培った技術を踏襲しています。

さらに、海水にも対応した防水性能や防塵、耐衝撃、耐低温性能を備えるとともに、激しい運動をしても外れにくいイヤーハンガーが付属しています。スノースポーツやサーフィン、マウンテンバイクといったアクティブなスポーツシーンでも活用できるとしています。

SONY NYSNO-100 First Flight
▲NYSNO-100を実際に装着した様子

ソニーは過去にも「NYSNO-10」というヘルメット型の端末を開発していますが、今回のNYSNO-100ではハンズフリー通話という機能はそのままに、コンパクトなイヤフォンの形状に仕上げたということです。

SONY NYSNO-100 First Flight
▲NYSNO-100の仕様

プロジェクトの目標金額は5610万円で、早期割引1万4000円からのプランが用意されています。商品の発送は2020年6月以降となる見込みです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

183シェア
44
139
0

Sponsored Contents