Sponsored Contents

appの最新記事

Image credit:
Save

「au PAY」、ドコモやソフトバンクのユーザーも利用可能に

キャンペーンはどうなる?

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年8月28日, 午前09:30 in App
106シェア
20
86,"likes":30
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

KDDIは、スマホ決済サービス「au PAY」を他キャリアユーザーにも開放します。8月29日より、auを契約していない人もau PAYや「au Wallet プリペイドカード」を利用できるようになります。

「au PAY」はスマートフォンを用いた決済サービス。コード決済とも呼ばれるバーコードを読み取る決済方式や、Mastercardブランドの「au WALLET プリペイドカード」、Apple Pay(QUICPay)など複数の決済方法を用意します。

KDDIによると、au PAYのコード決済はローソン、ビックエコー、スシロー、ミスタードーナツなどのチェーンを含む国内100万か所で利用でき、登録者数は500万人突破目前としています。

auでは決済サービスのほか、コンテンツサービスの「auスマートパス プレミアム」も他キャリアユーザーへの開放(オープン化)を予定。また、ビデオパス、うたパスなどの各種コンテンツサービスは8月時点で他キャリアユーザーも利用できる状態となっており、多くのサービスをオープン化していく方向にあります。

一方、決済サービスのオープン化という観点で見ると、auは他社に大きく遅れをとっている状況にあります。NTTドコモはサービスのオープン化をいち早く進め、コード決済の「d払い」も2018年4月のサービス開始時点からドコモユーザーに限らず使えるサービスとして提供。ソフトバンクは「PayPay」をYahoo! JAPANとの合弁会社として展開し、"携帯会社のサービス"というアピールを控えることで、多くのユーザーを獲得しています。

au PAY

また、ドコモ、ソフトバンク両社とも、コード決済サービスでは利益を削ってまで大規模な還元キャンペーンを実施し、半ば強引なユーザー拡大を図っています。auがこれに対抗してユーザーを獲得するには、キャンペーン戦略の見直しも必要となりそうです。

なお、au PAYの基本還元率が0.5%。月額499円の「auスマートパスプレミアム」に加入した場合のみ、還元率が1.5%にアップします。

8月現在のau PAYキャンペーンでは、「食べログ」のau PAY特集掲載店舗ではプラス5%還元のキャンペーンを実施しています。

また、auスマートパスプレミアムのユーザーのみ「三太郎の日」(毎月3日、13日、23日)の決済で20%還元を用意しています。ただし、「三太郎の日」の特典はau携帯電話・固定通信ユーザー限定となっているため、20%還元もauユーザー限定となります。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: app, au PAY, cashless, fintech, services
106シェア
20
86,"likes":30
0

Sponsored Contents