Sponsored Contents

Insta 360の最新記事

Image credit:
Save

超小型カメラInsta360 GO予約開始。強力手ブレ補正やAI編集対応で2万円台

はやく実機が欲しい

砂流恵介(Keisuke Sunagare), @nagare0313
2019年8月28日, 午後11:00 in Insta 360
638シェア
191
447
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


Insta360が親指サイズの超小型カメラ「Insta360 GO」を正式発表しました。

Insta360 GOは、親指に隠れる超小型で18.3gと軽量ながら、手ブレ補正、防水対応、タイムラプス、スローモーション、AI編集など様々な機能に対応するアクションカメラ。360度撮影ではなく、広角レンズを搭載します。


価格は2万3800円。すでに予約受付を開始しています。

Engadget

一般的なアクションカメラとの大きな違いは、非常に軽いため服や帽子など色々なものに気軽に付けられること、また本体をタップするだけで動画が撮影できること。停止もタップするだけです。

Engadget

服へ装着するには、付属の磁気ストラップを首から下げて、Insta360をくっ付けます。帽子の場合は付属のクリップを使う形式です。

例えば旅行の街歩きやバスケットボール、ランニングなどのスポーツ時にハンズフリーで気軽に撮影ができます。

Engadget

また、上記に挙げた付属品を活用することで、例えば、包丁や箸にくっ付けて料理動画を撮る、ペットに装着してペット目線の動画を撮る、なども可能とのこと。アイデア次第で既存のアクションカメラより多彩な使い方ができることを謳っています。

Engadget▲付属のピボットスタンド

動画の解像度は、2720×2720@25fps。1:1のため、縦・横どちらでも使用でき、アプリで16:9などに編集したエクスポートが可能としています(アプリ経由でエクスポートの場合は1080@25fpsとなるようです)。

動画のモードは、標準、インターバル撮影、スローモーション、ハイパーラプス、タイムラプスなど多彩なモードを搭載。

ただし、既存のアクションカメラと違い、撮り続けることはできません。標準、インターバル撮影、スローモーションは1度の撮影で15秒または30秒の長さ制限があります。Insta360にこの仕様ついて問い合わせたところ、発熱対策が主な要因とのことでした。Insta 360 GOはマザーボードに防水機能が搭載されており、通常より発熱しやすいそうです。

追記:アプリのアップデートで最大60秒まで対応するようになるとのこと

Engadget

手ブレ補正は、360度カメラInsta360 ONE Xなどと同じく、手持ちや揺れる乗り物にマウントしても、まるでジンバルに載せたかのように滑らかで揺れの少ない動画が撮れる「FlowState」を搭載。




上記はInsta360 ONE Xで撮ったトレイルランニング風の動画です。Insta360 GOも同等の手ブレ補正がかかると思われます。

Engadget

Insta360 GOは、アプリ内に「フラッシュカットAI編集」という編集機能も搭載。撮影した動画クリップを選んで、食べ物、街の景色、旅行などのテーマを選ぶことで、音楽と動画を自動で編集して統合した動画を作ってくれます。

Insta 360によると、人の喜怒哀楽やモノのAI学習に力をいれており、旅行であれば、飛行機、パスポート、海などの学習は完了しているとのこと。これにより、旅行をテーマにした動画をAI編集する場合、動画の始まりを飛行機、中盤で海で遊んでいる様子、ラストをホテルで締めくくる、といったことをAI編集がおすすめしてくれるそうです。

また、手動で編集したい人向けに、トランジションや、カラーパレット、再生速度などを調整できる編集ツールも用意されています。

Engadget

バッテリーは、約200クリップの撮影程度(一度の撮影で20秒程度)。充電時間は、充電ケース経由で約20分。充電ケースはスマートフォンと接続でき、充電ケース経由で撮影した動画の転送も可能。

対応するスマートフォンは、Android 7.1.1 以上、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8/8 Plus、iPhone 7/7 Plus、iPad Pro、iPad (2018)。

Engadget

Insta360 GO の主な仕様は下記の通りです。

サイズ: 高さ49.4×幅21.4×奥行き14.85(mm)
重量: 18.3g
動画:標準 2720×2720@25fps(撮影時)、1080@25fps (アプリ経由でエクスポートの場合)
インターバル撮影 2720×2720@25fps(撮影時)、1080@25fps (アプリ経由でエクスポートの場合)
タイムラプス 3040x3040@30fps(撮影時)/1080@30fps (アプリ経由でエクスポートの場合)
ハイパーラプス: 2720x2720@30fps(撮影時)/1080@30fps (アプリ経由でエクスポートの場合)
スローモーション: 1600x900@100fps (撮影時) /1600x900@30fps (アプリ経由でエクスポートの場合)
静止画:3040x3040(撮影時)
1:1 2560 x 2560でエクスポート
16:9 2560x1440でエクスポート
9:16 1440x2560でエクスポート
4:3 2560x1920でエクスポート
動画フォーマット:insv、mp4(アプリ経由で変換)
静止画フォーマット:insp、jpeg(アプリ経由で変換)
レンズ口径:F2.1
バッテリー:1日約200クリップの撮影が可能
バッテリー充電:約20分(充電ケースの充電時間は約1時間)
防水規格:IPX4
本体ストレージ:8GB

Engadget

Insta360 GOは、Insta360.com公式ストアや全国の家電量販店、Amazonなどで予約できます。発売時期については予約から1週間くらいをみているとのこと。

Insta360 GOは、標準撮影などで15秒または30秒の長さ制限はありますがスポーツや旅行をはじめ、自分の1日を気軽に記録しておくライフログカメラのように使うなど、様々な使い方ができそうな端末です。GoProなどのアクションカメラを持っている人はもちろん、アクションカメラに興味が無い人でもスマホより手軽に撮れるハンズフリー端末として1台持っておくのも良さそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Insta 360, insta360, instant camera
638シェア
191
447
0

Sponsored Contents