Sponsored Contents

spaceの最新記事

Image credit:
Save

リコー「THETA S」が宇宙へ、JAXAと宇宙用全天球カメラを共同開発

メインの用途は点検用ですが、360度カメラなので地球も写り込みます

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年8月28日, 午後02:09 in space
1822シェア
94
1728
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

リコーは、JAXA(宇宙航空研究開発機構)と共同で開発した宇宙用の小型全天球カメラを発表しました。「THETA S」をベースに宇宙空間での利用に耐えられる加工を施した製品で、9月11日に打ち上げ予定の宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機に搭載され、国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」へ送り届けられます。

市販のTHETA Sをベースに改造したもので、宇宙空間で使われる全天球カメラとしては最小クラスとなります。本来の用途は探査用ではなく、小型衛星用の光通信モジュール「SOLISS」に取り付けられ、SOLISSの2軸ジンバル機構のモニター(動作確認用)カメラとして利用されます。

動作確認用ですが、全天球カメラなので、撮影された画像・映像には宇宙空間や実験施設、地球の様子も映り込みます。JAXA 宇宙探査イノベーションハブの澤田弘祟主任研究員は「楽しい映像が撮れるのではないか」と期待の言葉を述べました。

THETA
THETA

THETAは「きぼう」に届けられた後、SOLISSに取り付けられます。THETA Sからの初めての写真は取り付け完了の際に撮影され、その後およそ1週間ほどかけて地上へ送信される見込みです。画像は「JAXAデジタルアーカイブス」にて無料で公開される予定です。

澤田氏によると、宇宙でカメラ製品を使う上で特にネックとなるのは、「宇宙放射線」の問題。地球上より強い放射線にさらされ続けるため、光学機器の場合、地上よりも早く壊れてしまいます。
​​​​​
JAXAがTHETAの採用を検討した際に試験したところ、民生品そのままでも半年〜1年間は宇宙で使えることがわかり、「思ったよりタフだった」(澤田氏)とのこと。実際に宇宙に送られるTHETA Sはファームウェアを大きく見直し、回路設計上の弱点に対策。さらに耐久性を上げるため、アルミニウム合金で包みこむ加工が施されています。

THETA▲宇宙用の装甲に身を包んだTHETA S

このほか、ストレージとなる内蔵メモリを商用品の8GBから32GBに増強。そのメモリチップはJAXAが選定した放射線耐性に強い製品を採用しているとのことです。一方で、内部の回路構造やレンズ部の部材は商用版のTHETA Sそのまま。宇宙向けの加工とはいえ、撮影機材としてのスペックは民生品と同等です。

なお、​​​​​​THETA Sは2015年発売で、その後3代に渡って後継機が発表されています。このタイミングでTHETA Sが採用されたのは、時間の かかる宇宙向けの検証作業を済ませていたためとしています。
​​​​​
​​​​​​
THETA▲JAXA 宇宙探査イノベーションハブの澤田弘祟主任研究員


JAXA 宇宙探査イノベーションハブは、民間企業と連携して、宇宙向け製品を開発しています。澤田氏は「はやぶさ2」のカメラを選定した人物で、THETA Sの採用にも深く関わっています。澤田氏はTHETAに深く惚れ込み、「はやぶさ2に載せていたら面白いものが撮れたのではないか」と語るほど。

THETA Sの採用のためにリコーの担当者に「突撃」して口説き落とし、当初は及び腰だったリコーと開発協力を取り付けた......という経緯だそうです。リコーの大谷渉氏(SV事業部長)は「THETAのコンセプトは"空間と時間を記録する"もの。その意味では宇宙空間はその究極で期待している」と話しました。

THETA
▲リコー SV事業部長の大谷渉氏

民生用デジカメの宇宙進出の歴史は、デジカメ自身の歴史と同じぐらいの長さがあります。初めて宇宙に飛んだデジタルカメラはKodak DCS760です。2001年11月のスペースシャトルエンデバーで打ち上げられました。その後Nikon D1などのニコン製品が多く採用されています。直近ではソニーのα7S IIがJAXAに採用され、初の「宇宙で撮影された4K映像」を届けています。スマホではiPhone 4が2011年に初めて宇宙向けに採用されていますが、高度などの用途は簡易計測用で、カメラ用ではありませんでした。

澤田氏によると民生品のカメラは小さく軽いため、制限が多い宇宙向けでも活用の余地があるとのこと。はやぶさ2で採用された 分離式カメラのセンサーも民生品で、地上では車のドライブレコーダーで採用されています。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: JAXA, RICHO
関連キーワード: camera, JAXA, RICHO, space, THETA, THETA S
1822シェア
94
1728
0

Sponsored Contents