Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit: Apple
Save

アップル、独立系修理業者に純正部品やトレーニングの提供を開始。当面はiPhoneに限る

「修復する権利」への大きな一歩

Kiyoshi Tane
2019年8月30日, 午後02:30 in Apple
118シェア
35
83
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
Apple
アップルは29日(米現地時間)、米国にて独立系修理業者に対し、アップル認定サービスプロバイダと同じ「純正部品、ツール、トレーニング、サービスガイド、診断およびリソース」を提供するプログラムを開始すると発表しました。認定企業は、ディスプレイやバッテリーの交換など、保証対象外のiPhoneの修理が許可されるとのことです。
この資格を得るためには、すでにビジネスが確立されており、さらに営業場所は商業区域にある必要があります。居住地はサービス場所として認められないとのこと。つまり実績も何もない人がトレーニングを受けて、家で修理業を始めるのは無理というわけです。なお、会社が「アップル認定」技術者を雇用している場合は、プログラムへの参加は無料とされています。

また、アップルは要件を満たしていてもプログラムへの参加を保証するものではなく、コメントなしに申請を拒否する権利を保有していると述べられています。同社がどの程度まで柔軟な姿勢を見せるのかは,今後の対応を待って確認するしかないようです。

アップルCOO(最高執行責任者)のJeff Williams氏は発表にて、次のようにコメントしています。

お客様のニーズによりよく応えるため、米国内の独立系プロバイダーがApple認定サービスプロバイダーネットワークと同じリソースを利用しやすくします。修理が必要な場合、お客様は修理が正しく行われるという確信が持てるべきです。最も安全で信頼性の高い修理は、適切に設計され、厳密にテストされた純正部品を使用して、訓練を受けた技術者が行うものであると考えています


こうした動きはいきなり出てきたわけではなく、以前アップルが一部の修理業者に診断ソフトウェアや純正の修理部品などを制限なく提供するとの社内プレゼンテーション文書が見つかったと報じられていました。これまで頑なにサードパーティ業者による修理を認めなかったアップルが、ようやく「修復する権利」(ユーザーが修理する方法を選択する自由)に歩み寄ったと見られています。

公式リリースによれば、アップルは過去1年間にわたり北米やヨーロッパ、アジアにて20の独立系修理業者を対象にパイロットプログラムを実施し、すでに修理用の純正部品を提供しているとのこと。今後、このプログラムを他の国にも拡大する予定と述べられています。

現時点では「保証対象外」かつ「iPhone」の修理に限定されていますが、「修復する権利」に向けた確かな一歩に違いないはず。街角で見かける独立系修理業者の信頼性も、高まっていくのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Apple(1), Apple(2)
関連キーワード: apple, Gadgets, iphone, mobile, repair, smartphone
118シェア
35
83
0

Sponsored Contents