Sponsored Contents

aiの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフトの麻雀AI「Suphx」、麻雀ゲームで最高位の10段に到達。3か月でプロ並みに成長

金融投資などの情報が不完全な分野での活用も期待される

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2019年8月31日, 午後07:15 in ai
182シェア
19
163
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

8月29日、マイクロソフトのAI「Microsoft Suphx」が、オンライン麻雀ゲーム「天凰」において、最高位である10段に到達したと発表しました。過去にもAIが麻雀ゲームに参戦したことはありますが、最高位に到達するのは初めてとなります。

「Microsoft Suphx」は、マイクロソフトの研究開発機関であるMicrosoft Research Asiaが開発した麻雀AIです。2019年3月に「天凰」に参加したSuphxは、これまでに5000回以上の対局を経験し、「天凰」のトッププレーヤー以上の平均成績を残して6月に最高位である10段に昇格しました。10段に到達したプレーヤーは延べ130人いますが、現在も10段を維持しているアクティブプレーヤーはわずか12人しかいません。

これまでにも東京大学やドワンゴが開発したAIが「天凰」に参加したことはありましたが、6.5段を維持するにとどまり高位には進めませんでした。麻雀はチェスや囲碁、将棋といった盤面すべてがオープンなテーブルゲームと異なり、不完全情報戦であることや運の要素が絡むことなど、ゲーム性が複雑です。そのため、麻雀に対応するAIを作ることは難しいとされてきました。

Suphxは、そうした麻雀ならではの複雑なゲーム性に対応するためにアルゴリズムの改良を続け、先読みのコーチング力や適切な意思決定力を向上させ、ついにはトッププレーヤーに匹敵する実力を得たといいます。

まだまだ課題はあるものの、情報が不完全なゲームに対応するAIが生まれたことは今後のAI開発に大きな影響を与えると思われます。マイクロソフトは、例えば「スマートドライビング」や「金融投資」といった場面で有効になるとしています。日常生活では予測できない偶発的な出来事が多く起こるものですから、私たちの身に起きる「もしも」の事態に対応できるようになれば、AIの価値もより高まるでしょう。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Microsoft
関連キーワード: ai, gaming, mahjong, microsoft, Microsoft Suphx, Suphx
182シェア
19
163
0

Sponsored Contents