Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2016年9月2日にE-ink採用の活動量計「Withings Go」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
2019年9月2日, 午前05:30 in today
14シェア
4
10,"likes":3
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
スマートフォンと連携できる活動量計は、IoTデバイスの代表ともいえる製品。歩数や睡眠時間を正確に測れることから、生活サイクルの確認や運動量を知りたい人にとって便利な製品となっています。

ただし問題は、数日に1度充電しなくてはならないという面倒臭さ。この問題を電池の採用で解決し、最大8ヶ月の連続駆動を実現した活動量計が「Withings Go」です。

電池式の活動量計は他にもありますが、Withings Goがユニークなのは画面にE-Inkを採用していること。歩数は数字ではなく円周上のバーで表示されるため、目的の歩数までの達成度がひと目でわかるのが便利です。

today

数字で表示して欲しいと思ったりもしますが、ランニング中などは小さな数字はなかなか読めませんから、大まかな達成度がわかるバー表示はむしろ理にかなっています。そもそも、正確な歩数が知りたければスマートフォン上のアプリから見ればいいですしね。

運動は自動で判別し、ウォーキングやランニング、スイミングなどを認識してくれます。このほか、睡眠トラッキング機能や時計表示機能も装備。時計は画面中央を強く押すとアナログ時計風に表示してくれます。

today

付属のホルダーは、リストバンドとクリップ式の2種類で、腕に巻いて使えるだけでなく、さりげなくポケットやベルトに装着して利用可能。ユーザーの使い方に合わせて選べるのが魅力です。

残念ながらWithings Goは販売終了となっています。使い勝手はともかくとして多機能な歩数計が数千円で購入できますし、9800円という価格は厳しかったのでしょうか。

9月2日のおもなできごと

2008年、グーグルが「Google Chrome」のベータ版を公開
2013年、MicrosoftがNokiaの携帯電話事業を買収
2016年、Googleのモジュール式スマホ「Project Ara」の中止発覚
2016年、WithingsがE-Ink採用の活動量計「Withings Go」を発売



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

14シェア
4
10,"likes":3
0

Sponsored Contents