Sponsored Contents

porscheの最新記事

Image credit:
Save

ポルシェ車両のサブスクリプションサービス、北米4都市に拡大。人気機種はカイエンと911

値段はさすがのポルシェ

42シェア
18
24
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


独ポルシェの車両に月額料金で乗車できる「Porsche Passport」とレンタルサービス「Porsche Drive」の対象都市が、これまでのアトランタにくわえてラスベガス、フェニックス、サンディエゴ、トロントへと拡大されます。

Porsche Passportでは支払金額に応じて、さまざまなポルシェの車両を気軽に楽しむことができます。たとえば月額2000ドル(約21万円)のプランでは、ボクスターやケイマンS、カイエンにマカンSなど8車種が選択可能。そして月額3000ドル(約32万円)のプランでは、911カレラSやパナメーラ4Sなど22車種が選択肢に入るのです。

一方で、Porsche Driveはより通常のレンタカーに近く、4時間から1週間の間でポルシェ車両をレンタルできます。また、どちらのプランでも車両はコンシェルジュによって配車/回収されます。

なお、アトランタで行われたパイロットプログラムの結果によると、ユーザーは月に平均2.5回車種を変更したそうです。また、通勤にはカイエンが、そして週末のドライブには911が人気だったとのこと。さらに、Porsche Passportの利用者の80%は以前にポルシェを所有したことのないユーザーでした。

このような月額購読サービス(やレンタルサービス)には、車両のメンテナンスや保険、リセールバリューを気にしなくてよいという利点があります。さらに敷居の高いポルシェを短期間から試せるとあれば、市場のニーズはかなり高そうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: porsche
42シェア
18
24
0

Sponsored Contents