Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2016年9月5日、格安SIMサービス「LINEモバイル」が開始されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
2019年9月5日, 午前05:30 in today
17シェア
4
13
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
多数のMVNO、いわゆる格安SIMサービスがありますが、特定のアプリやサービスにおける通信が使い放題となる「カウントフリー」を武器に、後発ながらも利用者を大きく増やしているのが「LINEモバイル」。このサービスが開始されたのが、2016年の今日です。

サービス開始当初のLINEモバイルの基本プランは、「LINEフリー」(1GBのみ、月額500円~)と、「コミュニケーションフリー」(3GB~10GB、SMS付き月額1110円~)の2つ。何が違うかといえば、最大の特長であるカウントフリーの対象が変わる点です。

LINEフリープランはLINEの通話とトークが通信量を気にせず使い放題になりますが、コミュニケーションフリープランでは、これにTwitterとFacebookが加わります。名前の通り、スマートフォンをコミュニケーションツールとして活用している人にとって、かなり魅力的なプランといえるでしょう。

today

ただし、対象サービスのすべての機能が使い放題となるわけではなく、例えばライブ動画配信などは省かれます。通信を大量に行わないサービスのみが対象と考えるとお得感が減りますが、通信量をひとつ下のプランにできると考えれば、それでも十分お得です。

現在はコミュニケーションフリーの対象にInstagramが追加されたほか、さらにLINE MISICまで使い放題となる「MUSIC+」というプラン(3GB~10GB、SMS付き月額1810円~)が登場しています。音楽が好きな人にとって、通信量を気にせず聞き放題となるのはうれしいですね。ちなみに「カウントフリー」という名前が「データフリー」へと変更になっています。

なお、2016年の開始当初はドコモ回線を使ったLINE独自のサービスでしたが、2018年1月にソフトバンクと戦略的提携について基本合意し、ソフトバンク傘下となりました。この効果か、同年7月にはソフトバンク回線の提供を開始。そして今年の4月からはau回線まで提供を開始し、3キャリアを網羅することになりました。

today

9月5日のおもなできごと

2014年、モトローラがスマートウォッチ「Moto 360」米国で発売
2014年、ソニーがコンパクトミラーレスカメラ「α5100」を発売
2014年、デルが8インチ液晶搭載のAndroid機「Venue 8」を発売
2016年、日本HPがWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」を発売
2016年、LINEモバイルがMVNOサービス「LINEモバイル」を開始




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: line, LINE mobile, mvno, today
17シェア
4
13
0

Sponsored Contents