Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

グーグルがパンチホールつきスマートウォッチを検討中? 特許イラストが登場

スマホを飛び出しスマートウォッチへ

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年9月7日, 午前11:00 in google
29シェア
6
23
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
米グーグルが「パンチホール」を搭載したスマートウォッチの特許を出願していたことが、海外報道により判明しました。

オランダ語テックサイトのLetsGoDigitalが発見した今回の特許、USPTO(米国特許商標庁)に出願された「Camera Watch」では、スマートウォッチの画面中央にパンチホールを備えたデザインが確認できます。そしてこのパンチホールにカメラを内蔵しているのです。

スマートウォッチにカメラを搭載するというアイディアは昔からあり、韓国サムスンも過去に「Galaxy Gear」や「Gear 2」といったカメラ付き製品を発表したことがあります。しかし近年は、カメラを搭載したスマートウォッチは珍しい存在となりました。

一方、スマートウォッチのパンチホールにカメラが内蔵できれば、過去の例とは異なり、より時計らしい自然なデザインが実現できることでしょう。もちろん、パンチホールによってディスプレイの表示面積がわずかではあるものの減少するというデメリットは同時に存在します。

グーグルは以前より独自スマートウォッチ「Pixel Watch」を開発していると噂されていましたが、2018年には「まだ準備が整っていない」として噂を否定。しかし2019年にFossilのスマートウォッチ知財を買収するなど、それらしき動きを続けています。

いずれにせよ、近日登場するはずの次期スマートフォン「Pixel 4シリーズ」の発表の場で、スマートウォッチに関するなんらかのヒントが登場するかどうかを見守りたいものです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: The Verge
Source: LetsGoDigital
関連キーワード: Android, google, patent, Punch Hole, smartwatch, wearables
29シェア
6
23
0

Sponsored Contents