Sponsored Contents

DIYの最新記事

Image credit:
Save

自作PS2クラシック?純正基板内蔵のポータブルPS2を海外マニアが製作

SMBサーバーからゲーム読み込み

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年9月6日, 午後05:30 in DIY
169シェア
20
149
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

縮小版復刻ゲームの流行のなか、おそらく最も低評価となったプレイステーション クラシックを見る限り、史上最も売れたゲーム機といえどもプレイステーション2 クラシックが登場するにはまだしばらくのリハビリ期間が必要になりそうな雰囲気です。

しかしそんな状況を尻目に、海外掲示板サイトRedditのユーザーdarkwingmod氏は、2013年から続けてきた個人的なプレイステーション2ポータブル化計画の成果となる「PIS2」を完成させ、動画で公開しました。

この動画では、『真・女神転生III-NOCTURNE』や『キングダムハーツ』が動作する様子が収録されており、ゲームプレイだけでなくFMV、フルモーションビデオもコマ落ちなどなくスムーズに再生されている様が見て取れます。



PIS2のシステムは純正のPS2 Slimのメイン基板にRaspberry Pi 2で機能を追加しており、エミュレーションは使用していないとdarkwingmod氏は述べています。またゲームのローディングにはイーサネット接続したSMBサーバーを介しており、光学ディスクよりもむしろスムーズな読み込みとなっている模様。

小さくはないものの大きすぎるでもない、ちょうど良さげなサイズの筐体には、メイン基板のほかVGA/コンポジット入力に対応する液晶ディスプレイや各種操作ボタンが内蔵され、バッテリー駆動で最大90分間のプレイが可能です。また純正のPS2用電源ケーブルも使用可能とのこと。

本体には外部メモリカードスロットが1つと、内部にもう1つ。内部のほうはメモリーカードからPS2のブートを可能にするFree MC Bootが使用しており、これがSMBサーバーからのゲーム読み込みを実行可能にします。

物理メディアを使用するゲーム機はどうしても老朽化によって読み出しができなくなるため、エミュレーションでなく、本物を使ってPS2ゲームを楽しみたい人には、PIS2のようなコンソールが、かつて収集した古いゲーム資産を再び活用するのに役立つはずです。

もし、PIS2に触発されて、押し入れの奥で眠っているPS2 SlimをNintendo Switch風に復活させたいと思ったのであれば、ゲーム改造愛好家が集うフォーラムサイトBitBuildを参照してみれば、2017年からのPIS2製作の模様をステップごとに見ることができます。ご参考まで。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

169シェア
20
149
0

Sponsored Contents