Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

新型iPhoneの背面っぽいデザインのスマホをIFA2019で発見

独自のミニミニスマホも展示していた中華メーカーCUBOT

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2019年9月9日, 午前11:00 in mobile
22シェア
6
16
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


発表直前のiPhone 2019年モデルですが、カメラは背面左上に四角の形状に配置されることがほぼリークで明らかになっています。このデザインに関しては賛否両論があるようですが、カメラ部分の存在感が目立ちすぎるようにも感じられます。他社の端末を見ると、左側に縦に3つか4つのカメラを並べるか、中央部分の正方形か円形デザインの中にカメラをまとめている例が多く見られます。ところがiPhoneのように左上にカメラをスクエアな形状にまとめたスマートフォンがIFA 2019で展示されていました。

CUBOTiPhone

CUBOTの「X20 Pro」は4800万+1200万+800万画素のカメラとフラッシュを正方形ベースの四隅に配置、それを背面の左上に搭載しています。カメラの並びはファーウェイ「Mate 20」シリーズそっくりですが、カメラの配置そのものは新しく出てくるiPhoneライクなわけです。

CUBOTiPhone

背面には盗難防止器具がついてはいますが、このカメラ配置はよくよく見てみるとあまり悪いものとは感じられません。おそらくカメラのそばにロゴなどが配置されていないため、カメラ部分が独立したデザインに感じられるからかもしれません。ちなみにメーカーロゴは背面の下部に入っています。

CUBOTiPhone

新型iPhoneの背面デザインは現時点では不明ですが、カメラ部分が大きくなり背面でかなり目立つようになった半面、アップルのロゴがいままでと同じサイズでは、カメラのほうが目立ってしまってなんとなく見た目のバランスが悪いように思えてしまうのかもしれません。果たしてどんな背面になるのか、新型iPhoneの発表まであとわずかです。

さてCUBOTは昨年はファーウェイ「P20」シリーズっぽい、背面にグラデーションをかけたデザインの製品を出していました。なんとなく「それっぽい」製品を作るメーカーなのかと思いきや、IFA 2019の同社ブースには自社オリジナルデザインと言えそうな気になるスマートフォンも展示されていました。

CUBOTiPhone

「KINGKONG MINI」は4インチ1080x540ドット(18:9)のディスプレイを採用した小型&スリムなスマートフォンです。CUBOTのKINGKONGシリーズは耐衝撃性を備えたタフ仕上げのスマートフォンですが、今年は小型サイズのモデルが登場したわけです。

CUBOTiPhone

CPUはMT6761、RAM3GB、ROM32GB、1300万画素カメラ(フロント500万画素カメラ)、2000mAhとスペックはエントリーレベル。ですがこのサイズならメインスマートフォンとして使うのではなく、サブ用途、それよりも特定用途に使うケースが想定されるでしょうね。あるいは子供に持たせるのもいいでしょう。

CUBOTiPhone




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, Cubot, iphone, mobile, X20pro
22シェア
6
16
0

Sponsored Contents