Sponsored Contents

Xperiaの最新記事

Image credit:
Save

Xperia 5はいい意味で「ガッカリ」させられる良端末だった:旅人目線のデジタルレポ 中山智

Xperiaファンには1を選ぶか5にするか、悩む楽しさが味わえる魅力的なモデルです

中山智 (Satoru Nakayama), @yenma
2019年9月8日, 午後03:00 in Xperia
101シェア
27
74
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

ドイツ・ベルリンへIFA 2019の取材に来ている旅人ITライター中山です。今回のIFAでは、ソニーモバイルから「Xperia 5」が発表されました。Xperiaシリーズは年2回、IFAと2月末に開催されるMWCで新モデルを発表するのが通例ですが、個人的には発表のたびに「残念」だったり「ガッカリ」させられることが多くありました。しかし今回の発表では、今までとは違ったいい意味での「残念」だったり「ガッカリ」を感じています。

Xperia5
▲例年どおりIFAでソニーモバイルの最新モデルとして「Xperia 5」が発表された

これまでXperiaシリーズのどこに「残念」だったり「ガッカリ」を感じていたかというと、機能や性能に対してではなく(まったくゼロではありませんが)、フラッグシップやハイエンドモデルを矢継ぎ早に毎回発表していたことです。筆者は他媒体ですがXperiaの連載をしていることもあり、1年に1台ペースでXperiaを購入しています。

通常Xperiaシリーズの場合、発表から国内発売まで数か月のタイムラグがあるので、年2回のペースでフラッグシップやハイエンドモデルを発表されると、発売日に購入したとしても2~3か月後には自分が買ったモデルよりも良いモデルがアナウンスされるわけです。発表会で新モデルの話を聞いていると、新機能や新デザインなどでワクワクするよりも、購入してからたった2~3か月なのに型落ち感を抱いてしまい、そこに「残念」だったり「ガッカリ」するわけです。

Xperia5
▲最新モデルの「Xperia 5」は今までの「残念」だったり「ガッカリ」とは違う印象

筆者は2か月ほど前にドコモ版のXperia 1を購入しています。ですので今回もフラッグシップかハイエンドが出て型落ち感で「残念」だったり「ガッカリ」するのかと思っていたところに、発表されたのが「Xperia 5」です。

Xperia5
▲左がXperia 1で右がXperia 5

すでにレポート記事が上がっていますが、Xperia 5はXperia 1と比較するとほぼスペックは同じ。ディスプレーと本体サイズが一回り小さくなったコンパクトモデルで、記事にあるとおりかなり好印象な端末に仕上がっています。


実際に自分でも実機を触ってみましたが、本体サイズが小さくなったため片手での操作性が上がっており、使いやすさという点ではXperia 5のほうが上。「Cinema Pro」や「Game enhancer」などのオリジナル機能にも細かなアップデートがあり、Xperia 1よりも使い勝手が良くなっています。

なのでXperia 1ユーザーとしては個別の機能や性能に関して「残念」だったり「ガッカリ」はあるのですが、今までのような型落ち感からの「残念」だったり「ガッカリ」ではないのでネガティブでイヤな気にはなりません。

Xperia5
▲「Cinema Pro」は音声入力のレベル設定に対応するなど、細かなポイントでアップデートしている

Xperia5
▲「Game enhancer」もゲーム配信用にボイスチェンジャーが使えるなどアップデートした機能がある

2ヵ月ほど使っているXperia 1と比べると、やはり画面サイズが大きいほうが表示できる情報も多く、映像コンテンツを観たりゲームをする際にも満足度は高いです。コンパクトさによる操作性の良さでXperia 5を選ぶか、大画面による満足度でXperia 1を選ぶか、Xperiaシリーズが好きで、まだXperia 1を購入していないユーザーには、基本スペックはほぼ同じなので、悩ましい選択肢が増えたわけです。

この悩ましさは新しいモデルを購入する際の楽しさでもあります。ちなみにIFA会場の展示ブースでXperia 5を触った印象としては、しっかりと目的に合わせて選べば、Xperia 1とXperia 5、どちらも新しいモノを入手したという購入欲を満たしてくれるハイクオリティーな製品だと思います。

Xperia5
▲カメラ性能もメインカメラの(標準)のセンサーがメモリー積層ではない点を除けばほぼ同等

どんなに性能や機能がアップデートされていても、型落ち感が先に来てしまうと実際に購入しているユーザーとしてはどうしてもネガティブな印象になってしまいます。ですがさすがに1年たてば、型落ち感による「残念」だったり「ガッカリ」な印象は弱くなります。今後もいい意味での「残念」だったり「ガッカリ」を感じられるようなロードマップでXperiaシリーズが発表されることに期待したいです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Coverage: Xperia 5
関連キーワード: Android, Smartphone, Sony, Xperia, Xperia 1, Xperia 5
101シェア
27
74
0

Sponsored Contents