Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

13.3型のお手頃モバイル「dynaBook S6 / S3」登場。約1kgでMIL規格準拠の耐久性

プラスチック製でコストを抑えたから手に取りやすく

田沢梓門, @samebbq
2019年9月10日, 午後12:00 in personal computing
25シェア
6
19
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

11月中旬にシャープ傘下のPCメーカーDynabook株式会社から「dynaBook S6/S3」が発売されます。dynaBook Gシリーズのクオリティや使い勝手を継承した13.3型のモバイルノートPCです。Gシリーズではボディにマグネシウム合金を採用したことで軽さ779gを実現しましたが、素材の製造コストの関係で直販価格約14万円〜25万円と比較的高価格帯に位置するモデルでした。

今回発表されたSシリーズではボディをプラスチック素材にするにより製造コストを抑え、手に取りやすい価格帯へと引き下げました。Celeron 3867U/4GBメモリの「dynaBook S3」は11万円前後、Core i5-8250U/8GBメモリの「dynaBook S6」は14万円台半ばで販売される予定です。

軽さ約1.119kgを実現しつつ、10項目のMIL規格とドイツの第三者機関「TUV」の試験をパスしており、プラスチック素材ながら堅牢性は十分といえます。


Engadget
▲左Gシリーズ、右Sシリーズ。広範囲でぶ厚いゴム脚になっています

また、モバイルノートPCにおいて高いパフォーマンスを実現するのに重要な要素となるのが「排熱」。こちらはゴム脚を高くして、広範囲したことで、排熱した空気が吸気口に戻らない設計となっています。

Engadget
▲ディスプレイは13.3型シャープ製IGZO液晶を搭載。生体認証は「Windows Hello」対応の指紋認証を備えており、パスワードの入力ナシで起動します

バッテリー駆動は9.5時間。急速充電にも対応しており30分の充電で約4時間駆動してくれます。電源コネクタ以外にPD対応のUSB Type-C経由でも充電可能です。

Engadget
▲左右のポートはこんな感じ。USB 3.0✕2、有線LANコネクタがあるところに「既存のユースケースも取り入れたる!」っていう熱意が感じられますね

モバイル性と堅牢性を高めつつ手の届きやすい価格帯になったSシリーズ。ビジネス用途だけでなく、耐久性を活かして子供もバンバン使うファミリー用途としても購入を検討できるPCですね。

Engadget





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

25シェア
6
19
0

Sponsored Contents