Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2010年9月10日、レンズ交換可能なハンディカム「NEX-VG10」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、ニュース、記念日など、気になった話題をピックアップ

今日は何の日?
2019年9月10日, 午前05:30 in today
14シェア
5
9
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
レンズ交換式のミラーレス機は写真だけでなく、動画撮影も得意とする機種が多くありますが、マイク性能やレンズの静音性に問題があることも多く、あくまで動画"も"撮影できるという位置づけでした。

これに対して「NEX-VG10」はソニーのハンディカムシリーズとして登場していることからもわかる通り、最初から動画撮影用として作られたモデル。それでいて、ミラーレス機と同じEマウントを採用するというユニークな製品として登場しました。このコンシューマー向けとして世界初となる、レンズ交換式のHDビデオカメラ「NEX-VG10」が発売されたのが、2010年の今日です。

スペックは、1460万画素でAPS-Cサイズの"Exmor" APS HD CMOSセンサー搭載、3インチ液晶モニター、デュアルアクセサリーシュー装備、Eマウント採用(別売のアダプターによりAマウント対応)など。同梱のレンズは通常のカメラ用レンズより静かなサイレントAFや、光学れブレ補正が特長の18-200mm(35mm換算27-300mm)。1920×1080@60i/24Mbps動画撮影や、1406万画素の静止画撮影が可能でした。

today

ソニーのEマウントレンズが使えるため、ミラーレスのNEXシリーズを持っている人ならレンズが共通で使えるというのが面白いところ。撮影の幅が広がるのがうれしいですね。

ミラーレスやデジタル一眼機の動画撮影性能が向上していったことや、4K撮影へと時代が変わっていったこともあり、残念ながらハンディカムのNEXシリーズは2012年に発売された「NEX-VG30H」を最後に途切れてしまっています。ただし、この「NEX-VG30H」は生産完了とはなっておらず、今でも現行モデルとしてひっそりとラインナップ。ソニーストアでの販売は終了していますが、量販店で新品購入可能です。

today

9月10日のおもなできごと

1998年、ソニーがフラッシュメモリーを使った記録媒体「メモリースティック」を発売
1998年、カシオが同社最後のハンドヘルドPC「CASSIOPEIA A-60」を発売
2007年、イラスト投稿に特化したSNS「pixiv」開設
2010年、ソニーがEマウントハンディカム「NEX-VG10」を発売
2015年、アップルが小型タブレット「iPad mini 4」を発売




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: e-mount, handycam, sony, today
14シェア
5
9
0

Sponsored Contents