Sponsored Contents

gameの最新記事

Image credit:
Save

Nintendo Switchバージョン9.0.0配信。初のLite対応、タッチスクリーン感度も調整可能に

Switchが2タイプになったという実感

Kiyoshi Tane
2019年9月10日, 午後12:30 in Game
87シェア
4
83
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

Nintendo

任天堂は9月10日、Nintendo Switchの本体アップデート9.0.0の配信を開始しました。

本アップデートは、9月20日に発売される廉価版Switchこと「Nintendo Switch Lite」に初対応したもの。Lite限定の機能として、「設定」の「コントローラーとセンサー」内に「本体のボタンで操作する」が追加されています。

この設定をオフにすると、キャプチャーボタン・HOMEボタンを除く本体側コントローラー部分の入力を受け付けなくなり、無線接続しているコントローラーのみ操作が有効となります。無印版(改良版を含む)のようにコントローラーが分離できず一体型となっているため、「立てかけているLite本体側のスティックやボタンが何かに触れる」などの誤動作を防ぐための配慮でしょう。

そしてマイページに「オンラインプレイの招待」が追加。フレンドから届いた招待を確認して、オンラインプレイに参加することができます。これまでマルチプレイへの参加は各ゲーム内やスマートフォン向けアプリNintendo Switch Onlineを介してのみでしたが、「マイページ上で招待を確認し、すぐにプレイ開始」という流れでスムーズとなりそうです。

さらにタッチスクリーンの感度も変更できるように。「設定」の「コントローラーとセンサー」内にある「タッチスクリーンの感度」で、「通常」または「タッチペン用」の2種類から選択可能です。今後は、それぞれのプレイスタイルに応じた感度でゲームが楽しめることになります。

ほか、「ゲームニュース」の「チャンネルを見つける」に検索機能が追加されるなど、細かな操作性も改良されています。アップデートは自動で配信されますが、「設定 > 本体 > 本体の更新」から手動更新も可能です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

87シェア
4
83
0

Sponsored Contents