Sponsored Contents

Applewatchの最新記事

Image credit:
Save

常時表示画面のApple Watch Series 5発表。ウワサのセラミックとチタンケースモデルも

ユーザー待望の「時計代替として使えるWatch」です

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2019年9月11日, 午前02:50 in Applewatch
85シェア
18
67
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

アップルの新製品発表イベントより。新製品群の一つは、やはりApple Watch Series 5でした。米国での価格は399ドルから、出荷は9月20日から。日本でも9月20日発売、価格は4万2800円(税別)からとなります。

最大の特徴は、兼ねてからユーザーからの要望が高かった常時表示画面を実現した『Always-on Retina Display』を採用する点。対してバッテリー駆動時間はSeries 4の水準をキープした点もアピールします。

Gallery: Apple Watch Series 5 | 25 Photos

25


Apple Watch Series 5

外装には、以前より噂のあったセラミックとチタン素材のモデルも加わります。

Always-on Retina Displayのメリットは「触らずとも、常に文字盤が表示されている」と状態が実現できる点。これにより、いわゆる「時計の代替として使える」モデルとなりました。

この実現に大きく貢献しているのは、低消費電力化を達成する新技術、『Low Temperature Polycrystalline Oxide』(LTPO)技術によって製造された液晶によるもの。

LTPOベースの液晶自体はSeries 4でも採用されていましたが、Series 5ではこれを駆動するドライバー回路や、電力管理ユニットのさらなる改良、非アクティブ時のリフレッシュレート低減(液晶の書き換え回数を減少させることによる省電力化)など、Series 4以上の消費電力低減技術が導入されています。

対して、気になるバッテリー駆動時間は公称で18時間と、Series 4と同等。画面の常時オンにより本来は短くなるところですが、こちらでも細かな省電力技術の蓄積により同等をキープします。

Apple Watch Series 5

基本アプリでは、コンパスの内蔵がポイント。またセルラー対応版は、近くにiPhoneがなくても、150か国以上でApple Watchから緊急サービスを直接呼び出せる「国際緊急通報機能」も搭載します。
Apple Watch Series 5

このようにApple Watch Series 5は、これまでユーザーから熱望されてきた常時画面表示を実現した、ある意味では非常にエピックメイキングなモデル。機能的にも、WatchOS 6がさまざまな新機能を搭載している点も手伝って、(今回も)注目できるものとなっています。

今回大幅な値下げを発表したSeries 3と合わせて、Apple Watchのさらなる人気の立役者となりそうです。


関連:5分でだいたいわかるiPhone 11 / Pro / Pro Maxまとめ。新Apple Watchや10.2インチiPadも




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

85シェア
18
67
0

Sponsored Contents