Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 11(仮)、双方向ワイヤレス充電機能はキャンセル?Apple Pencilも非対応とのアナリスト予測

「革新的なセールスポイントの不足」と評されています

Kiyoshi Tane
2019年9月10日, 午後11:04 in Apple
54シェア
6
48
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

MacRumors

あと数時間後にアップルのスペシャルイベントが迫っているなか、有名アナリストがiPhone 11(2019年モデルの通称)について予測をまとめたメモを投資家に送ったと報じられています。

そこに書かれているのは、ほとんどは以前にも伝えられたiPhone 11の噂をなぞるもの。が、これまで報じられなかった詳細や、ほぼ定説となっていた「双方向ワイヤレス充電のサポート」を半ば否定するなど、ところどころ興味深い内容となっています。

予測メモの筆者は、アップルのインサイダー情報でおなじみのアナリストMing-Chi Kuo氏です。その内容は、以下の通り。

  • Apple Pencilはサポートされない
  • 外部端子はUSB-Cではなく、Lightningコネクタ
  • 5.8および6.5インチOLEDモデル(iPhone XS/XS Max後継機)には、USB-Cコネクタ付きの18Wアダプタが付属する
  • 6.1インチLCD iPhone(iPhone XR後継機)には、(前年モデルと同じく)USB-Aコネクタ付きの5W電源アダプタが同梱される
  • うわさの双方向ワイヤレス充電は、結局「充電効率がアップルの要求水準を満たさない可能性があるため」サポートされないかもしれない。
  • 前年モデルからデザインとノッチは変更されない。新色モデルが期待できる(XR後継機に追加される可能性が高い)
  • 5.8および6.5インチiPhoneには背面にトリプルカメラが搭載
  • 新型iPhoneは3モデルとも、屋内ナビゲーションとオブジェクト追跡能力を向上させるウルトラワイドバンド(UWB)がサポートされる
Lightningコネクタの続投や、高速USB-C充電器の同梱は前にも何度か噂されており、UWBはアップル製忘れ物防止タグを見つけやすくするために搭載されるとの観測が相次いでいました。

その一方、Kuo氏がこれまで言及しなかったApple Pencilのサポートは明確に否定。双方向ワイヤレス充電については、米Bloombergが「目印とするためにアップルのロゴが背面の中央に配置される」と報じていましたが、土壇場で疑問視されているかたちです。

それに加えて(上記の記事を書いた)BloombergのMark Gurman記者も、自ら双方向ワイヤレス充電機能がキャンセルされたとの見方を支持しています。
Kuo氏はiPhone 11シリーズは「革新的なセールスポイントの不足」により、出荷量が前年比で5〜10%が減少して6500万〜7000万台になると予測しています。が、2019年内におけるiPhone全体の出荷台数は「値下げされた過去モデルによって需要が押し上げられ」たため、1億8000万台に達するかもしれないとのことです。

とはいえ、有名アナリストや大手メディアの記者といえども、予測の的中率は100%ではありません。双方向ワイヤレス充電やApple Pencilサポートがあるのか、11日午前2時(日本時間)からの答合わせにお付き合い頂ければ幸いです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: MacRumors
54シェア
6
48
0

Sponsored Contents